心筋梗塞という、予測可能・回避可能で致死的な疾患  

sindenzu

心筋梗塞とは、心筋を取り巻いている冠動脈の血流が止まることを意味します。冠動脈に心筋梗塞が出来たからといってそのまま死に至るわけではないとはいえ、心筋が壊死する前に早急な治療を受けることが必要になります。心筋梗塞から心室細動を起こすと即死に近い形になります。そしてAEDの普及によって逆に救命率が下がっているのも問題です。

スポンサードリンク



ー心筋梗塞までの過程ー

心筋梗塞が起きる原因として、大腿などの深部静脈から一時的に出来た血栓が飛んできて冠動脈に詰まるということもありますが、一時的に出来た血栓は消えてしまう場合があり、無症状のまま過ぎていくことになります。

最も多いパターンとして、生活習慣病から動脈硬化を引き起こして血管壁にダメージを受けると、そこにプラークができやすくなります。血管壁に入り込むことができるコレステロールとして、LDLというリポタンパクの膜に覆われたコレステロールと中性脂肪の塊があり、それが白血球とともに血管壁に蓄積していくと、プラークという血管壁に覆われた隆起が血管内にできることで血流の妨げになります。

脂質異常症などが原因でプラークが形成される場合は長い年月の間に血栓が蓄積しながら血管の狭窄はゆっくりと進行していくため、処置を行わない場合は狭心症になるのも時間の問題です。狭心症の悪化により心筋梗塞に移行するのが一般的です。冠動脈の血流量が止まることで心筋梗塞を起こします。

ー心筋梗塞が起きたら?-

心筋梗塞によって最初は心筋の酸欠により胸部の激痛が起きますが、心筋が壊死するにつれて痛みはなくなります。この激痛が起きた場合はすぐに救急車を呼ぶしか手段はありません。「激痛が15分続いたら救急車を呼ぶ」などと言っている場合ではありません。15分~30分経てば誰でも痛みは無くなります。この状態では既に血管が詰まっているので、ニトログリセリンを使っても血流が停滞していると効果はありません。

そして、痛みが治まってきたのではなくて冠動脈の何本が詰まっているか不明ですが、心筋の壊死が始まっているので心停止まで残りわずかです。幸いにも冠動脈の1本だけ詰まっていたという結果論であれば助かっています。すぐに救急車を呼ぶか15分間様子を見るか?というのは危険な賭けのようなものです。

また、プラークができた部分の血管壁は高血圧によって破れやすくなります。プラークが血流に乗って飛んだ場合は大きな塊になっているため一時的な血栓では済みません。冠動脈や肺動脈の細動脈で塞栓を起こすのはもちろん、脳梗塞も起こします。

ー心筋梗塞の治療とは?-

胸の痛みなどの症状が出ても血栓溶解剤や血栓防止剤の服用で間に合います。必要であれば手術が行われます。血管内にステントを入れて血管壁を広げたまま固定します。この手術で1年以上は血管が保護されてしばらくの間は狭心症を起こす事もありません。血管壁の状態によって治療法は異なるので、狭心症と同じような治療にはなりません。

他の正常に見える血管が残っていても、ここまで悪化すると動脈硬化は間違いなくあります。脈圧や平均血圧は全身の動脈硬化の指標になりますが、上と下の血圧の差は100を超えているはずです。

ー意味を成さないAEDと医者ー

AEDの普及率はまだ十分とは言えませんが、AEDの普及とともに逆に救命率は下がっています。除細動器によって蘇生される確率は約40%程度ですが、2007年の1年間で目撃された原発性(他に疾患のない)心筋梗塞による心停止者数は約20,000人であり、その内でAEDが使用された者が300人ではその役割を果たしていないと思われます。

原発性に対して狭心症などの持病を持っている二次性の心筋梗塞はニトログリセリンを携帯している場合が多いため医療機関に運ばれているのでしょう。人工呼吸による蘇生法が自動車免許取得時の救護措置義務とともに普及してきた頃は救命率が14%に上がっています。しかし、AEDの普及とともに人工呼吸が行われなくなったのか、不幸にして近くにAEDがなかったのか、救命率は6%に下がっています。

電車内や飛行機内のドクターコールを無視する医者が70%という2014年のアンケート結果で、一度名乗り出た医師は「二度と名乗り出ない」というのが100%近くになっています。急患の際の応召義務も無視するだけでなく、平気で診療拒否を行うような医者が増えれば、患者にとっても自分の身は自分で何とかするしかないという時代になったのかもしれません。

※「医師は交通機関での応召義務(医療行為を行う義務)はない」という判例があるので、医師が助けてくれるという期待は捨てる方がいいでしょう。(個人の見解です。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る