心因性難聴(機能性難聴)の症状と治療

miminari

心因性難聴や失声症を含め、心因性めまいなど、耳や声帯の器官に器質的な疾患がないにも関わらず、音が聞こえない、耳の中で音がする、声が出ないという一時的な症状が小学生の子供に多くなっています。原因としては、家庭環境や学校でのストレスが影響して、そのストレスを排除しようという考えから心因性難聴を引き起こします。ストレスの逃避から様々な体の失調が始まるので、ストレスの取り扱いを間違えないように。

スポンサードリンク



ー小学生の女児に多い心因性難聴ー

子供の心因性難聴の種類は多く、本人の自覚の有無で二つに分かれます。どちらにしても器質的な障害がないので、機能性難聴(体に障害がなく、聴力だけ低下)や、ヒステリー難聴とも言われます。小学生に多く見られて、主に学校内での精神的な負担が大きく感受性の高い年齢に多く起きています。性格も関係してきますが、ストレス耐性のない女児に多いと言われています。現在ではストレス難聴の低年齢化が進み、小学校低学年の女児にも増えています。

主に学校や家庭でのストレスが原因となって起こる心因性難聴では、日常会話に影響のない難聴であって、本人が気付かない事もありますが、その場合は学校の健康診断で聴力検査を行った時に発見される場合もあります。

とはいっても、脳や耳の器官に器質的な障害がないので、耳鼻咽喉科では原因不明の聴力低下などと診断されることがあります。訴えてくる難聴が本当なのかどうか疑いの目を向ける親や教師がいますが、心因性の機能障害を理解してもらう必要があります。難聴を期に学校内でのいじめが判明したというケースもあります。

耳鼻咽喉科で心因性の問題に対処しているところもあります。治らなければ最終的には心療内科のストレス外来で安定剤を出してもらうという選択肢もありますが、臨床心理士による心理療法の方が小児には合っているかもしれません。

数か月で治るのが一般的ですが、小児の性格的な問題が原因でもあるので治癒までに長期間かかることもあります。また、再発を繰り返す事が多くなっています。

ー子供っぽい大人にも起きますー

考え方が幼稚であったり子供っぽい一面の残る大人の女性の場合は、ヒステリー難聴を起こすことがあります。他人に依存する性格であったり考え方が稚拙な女性が起こしやすいものです。ストレスに弱い女性の心気症の原因としては年齢を問わずヒステリー反応である場合が多くなっているため、ヒステリー難聴と言われています。これと同時に、一時的に声が出なくなってしまうヒステリー失声を起こすこともあります。

自律神経の失調により身体症状が出てくるものを適応障害や心身症などと言われますが、ヒステリーはその身体症状が酷い場合を意味しています。難聴を起こしたり、失声症を起こしたりというストレス反応が過剰な人のことです。感情の興奮を抑えられないような、てんかん気質にも似たタイプのヒトもいますが、そのような一般的に考えられているヒステリーとは異なります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る