皮膚の常在菌とバリア機能、ニキビ菌(アクネ桿菌)の必要性

にきび

人体の常在菌として腸内に400種類の菌が約100兆個、皮膚に1兆個存在します。重量では成人で約1.5キログラムに及びます。常在菌は一般に善玉と悪玉に分けられて、善玉菌が圧倒的に多く存在していますが、どちらも有用菌として働いています。皮膚の常在菌の場合は特に善玉菌と悪玉菌と呼ばれる菌が拮抗状態を保っていることで、皮膚のバリア機能を果たして、他の菌を寄せ付けないという作用があります。

スポンサードリンク



ー皮膚の常在菌の種類ー

皮膚常在菌の代表的なものでは、表皮ブドウ球菌が大半をしめており、アクネ桿菌を含むプロピオニバクテリウム属、黄色ブドウ球菌、マラセチア真菌などをはじめとして、皮膚だけでも205種類の細菌が常在しています。口腔内には100億個の細菌が常在しているため、摂取した食物によるアレルギー反応を抑制していると考えられています。

表皮ブドウ球菌は主に皮膚を酸性に保ち、皮膚の常在菌で拮抗状態を保ちながら、他の不要な菌を寄せ付けない性質を持っています。アクネ桿菌から分泌される皮脂を加水分解してオレイン酸と脂肪酸に分解して皮膚を酸性に保ちます。

アクネ桿菌のもつ酵素リパーゼによって、皮脂成分でもある中性脂肪(トリグリセリド~モノグリセリド)と汗の水分によって、脂肪酸とグリセリンに加水分解して皮膚を弱酸性に保っています。また、表皮ブドウ球菌は皮膚に不要な細菌を減らす事で、匂いの元になる物質の生成を抑えています。

一時的に皮脂が増えたり、ストレスによってアクネ桿菌が毛穴などの一部の場所で増殖するとニキビの原因になったり、皮膚に炎症を起こすことがあります。顔の皮膚の場合はサルコイドーシスの症状の原因になることがあります。

中性脂肪(トリグリセリド)だけであれば加水分解によって中性になりますが、モノグリセリドまで含まれるため弱酸性になります。そして、アクネ桿菌のリパーゼによって分解された脂肪酸はプロピオン酸に遊離されます。それらの脂肪酸とグリセリンに分解する際に、黄色ブドウ球菌のエネルギー源でもあるATPが作られます。

ー表皮ブドウ球菌を減らさないためにー

表皮ブドウ球菌は皮膚の状態を酸性に保つ善玉菌で、悪玉菌の黄色ブドウ球菌とは異なります。黄色ブドウ球菌は速い増殖によってバイオフィルムを作り、その中で増殖します。

こうなると黄色ブドウ球菌だけを殺菌することができないので、オリゴ糖によって表皮ブドウ球菌を増やせば再び拮抗状態が保たれることになり、選択的に黄色ブドウ球菌だけを殺菌する必要もなくなります。オリゴ糖を含んだスキンケアもあるので、使ってみるのもいいかもしれません。

表皮ブドウ球菌は、皮脂や加水分解に必要な汗(水分)がなければ弱酸性を保つことができないので、アルカリ性の皮膚上では黄色ブドウ球菌が増えて、皮膚の炎症や湿疹などの原因にもなります。対策としては、洗顔の後30分経過すれば細菌は以前と同じ状態に戻るので、洗顔やスキンケアのあとに皮膚を弱酸性のまま保つことが必要です。

表皮ブドウ球菌とアクネ桿菌は、皮膚を弱酸性に保って他の菌を寄せ付けない善玉菌ですが、稀に表皮ブドウ球菌は菌血症を起こす原因にもなる細菌です。アクネ桿菌は増えすぎると化膿性皮膚炎症を起こします。

また、全身の皮膚の常在菌は免疫系の活性化にも欠かせない細菌であることも明らかになってきました。口腔内も含めて常在菌との付き合い方も考えるべきかもしれません。O-157対策などといって、ポビドンヨードで口腔内を全て殺菌してしまうのも考えものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る