高血圧の原因を知り予防する。改善するには生活習慣の見直しが必要!

高血圧

高血圧の直接の原因については未だはっきりした事はわかっておらず、喫煙や肥満など生活習慣が要因なものや
遺伝による高血圧が原因ではないかといわれています。

遺伝子が原因、つまり両親が高血圧かどうか?によって子供が高血圧になる可能性が変わってきます。

スポンサードリンク



ケース1

両親共に高血圧の場合・・・子供が高血圧になる可能性は約50パーセント

ケース2

どちらかの親が高血圧の場合・・・子供が高血圧になる可能性は約30パーセント

・高血圧には2つの種類があります。

高血圧は、一次性高血圧と二次性高血圧の2種類があります。

【一次性高血圧とは?】

主にはっきりとした原因はわかっていないが、喫煙・ストレス・塩分の取りすぎ・肥満傾向にある・遺伝などが高血圧の要因であると思われているもの。

【二次性高血圧とは?】

何かしらの体の不調や病気が高血圧の原因となっているもの。

・高血圧を予防するためには?

一次性高血圧の要因といわれているほとんどの項目は生活習慣の見直しによって改善されます。
塩分を取りすぎると、血管が固くなり、結果血管内の血液の圧力が上がり高血圧となります。人間が1日に摂取する塩分の理想の量は10グラム以下。油断をするとすぐに摂取量をオーバーしてしまいます。うどんの汁などは飲まないなど日ごろから御自身でルールを決めておくことが大事になってきます。

また肥満の改善に運動をするのは改善対策になりますが、激しい運動は逆に高血圧を引き起こす要因となります。
理由は激しい運動をすると、多くの酸素を必要とします。結果、活性酸素が生まれやすくなり血管が固くなり血圧が上がります。散歩など軽い運動を継続して取り組むとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る