色覚異常症の症状と、これから起きるかもしれない後天性障害 | 家庭医学の知識大百科「ヘルスカレッジ」~家族を大病から守るためのサイト~

色覚異常症の症状と、これから起きるかもしれない後天性障害

老眼鏡

色覚異常は先天的や後天的に起きる疾患で、色を正常に判別できない場合を指します。日本人男性の5%が先天性の色覚異常で少なくはありません。RGBの3色を判別する3種類の錐体とモノクロの明るさだけに感知する桿体のいずれかに異常があると色覚異常になり、どれが欠けているかによって見間違える色が異なってきます。

スポンサードリンク



◇色覚異常の症状とは?

ヒトは光の3原色(RGB:赤、緑、青)の色を感じる3種類の視細胞(赤錐体・緑錐体・青錐体)と、明るさだけを感じる視細胞(桿体)の4種類があります。正常な人でも暗い所では白黒に見えます。これは錐体だけでモノを見ているので色の判別ができません。

先天性の1色覚(以前の全色盲)の場合は色を感じる錐体が無いので明るさだけを感じる桿体でモノを見ています。先天性なので色覚異常に気が付きませんが、視力も色覚も悪化することがないので日常生活では不便がないようです。カラーテレビが白黒に見えたりしますが、慣れると明暗で色の違いを判別できるので車の運転免許は取得可能になっています(赤・緑・青のプレートを識別できれば可能)。また、暗い場所での視力が上がってくるので、いくつかの便利な一面も持ち合わせています。

2色覚は2色が判別できるもので、異常3色覚は3色見えるものの色がくすんで見える色弱というタイプです。赤が見えない場合は1型色覚といわれて、1型2色覚(赤以外が見えるタイプ)2型3色覚(緑が見えにくい)などと分類上の医学用語になっています。

◇色覚異常者の扱いについて

色覚異常者の配慮により、小学校での色覚検査は定期診断項目から削除されています。労働安全衛生法で義務であった色覚検査も廃止されていますが、任意検査は禁止されていません。各種免許にも色覚異常に制限を与えないというバリアフリー化が進んでいますが、毒物取扱者や航空関係、電気工事などの資格取得は基本的に出来ないという規定になっています。

先天的な色覚異常があればさらに判別困難にしてしまったという「石原表テスト」の一例。
円の中の数字がわかりますか?

◇後天的な色覚異常の原因

後天的な色覚異常の場合は、症状悪化が起きて自覚もあるのが特徴です。原因としては、水晶体や網膜、視神経疾患などの眼の障害や、心因性色覚障害、色視症、大脳性色情報処理障害、加齢が原因となるものなどがあり、角膜から大脳に至るまでのどこかに障害がある可能性が考えられます。障害が悪化すれば色覚障害の程度も変化します。

他に、中毒性視神経症といわれるタバコ弱視や脳腫瘍、視交叉病、糖尿病性網膜症、高血圧網膜症、腎性網膜症、加齢性黄斑変性、網膜色素変性、錐体ジストロフィー、白点状網膜症、視神経萎縮などが考えられるので、後天的な要因は相当な数に上っています。

自分は色覚障害ではないと思い込んでいても、意外と見えない部分や見えにくい部分があるかもしれません。

先天的な異常では、男性が1本しか持たないX染色体上に緑錐体と赤錐体の遺伝子が並んでいるため、細胞分裂の際に異なる組間違いが起きやすくなっているので、男性の先天性色覚異常が多く(5%)女性に少ない(0.2%)という傾向になっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る