知覚過敏の原因と対処法 ~昔の常識が今の非常識?~

ha

歯周病と並んでCMでおなじみの知覚過敏。歯周病による歯肉の減少によってエナメル質が削れた時に起きる、象牙質による神経伝達のことで、冷たさや飲食物の接触によって歯に感じる一時的な痛みを知覚過敏と言います。

スポンサードリンク



◇知覚過敏の現在と過去

以前は知覚過敏というと加齢に伴って歯茎が減っていくことで起きていましたが、現在では主に歯の磨き過ぎが原因となって若年でも起きる症状になっています。歯のエナメル質は歯肉が減っていくと根元の部分が現れます。根本のエナメル質は層が薄いので簡単に削れて象牙質が見えるようになります。これは加齢に伴って歯槽膿漏から起きる現象で、遠い昔の話です。

現在では酸に侵された歯を酸蝕歯と呼ばれています。酸齲蝕は食後に歯を磨いた時に起きるという不思議な現象が現代病に加わってきました。酸性の飲食物が増えてきたのが原因で、炭酸飲料が主な原因になっているようです。歯周病は生活習慣が原因になりますが、知覚過敏もそれに伴って歯磨き業界に入り込んできました。そしてCMではやたらと知覚過敏を連呼しています。

◇歯槽膿漏と大きく異なる酸蝕歯

歯槽膿漏と酸蝕歯の痛む場所が違う原因としては、歯槽膿漏の知覚過敏を起こす場所は歯の根元ですが、現代の酸蝕歯では歯の先や奥歯に多くなっています。また、ホワイトニングの処理を行うと薬剤の影響で知覚過敏が一時的に起こることがあります。さらにホワイトニングを続けると最終的には知覚過敏は無くなります。

原因は酸齲蝕だけでなく、酸性の飲食物を口にした後に歯を磨くとエナメル質を削ってしまうのが大きな原因になっています。そして、歯の上部が薄くなって欠けやすくなっているので、歯を磨く度にダメージを受けるということになります。また、虫歯菌も酸を作ってエナメル質を溶かします。

エナメル質が欠けたところは象牙質がむき出しになるので、歯髄という神経が間接的につながっています。そこに冷たいものや噛み合わせの時にも痛みを感じるようになります。エナメル質が薄いというだけでも冷たさを感じて痛むことがあります。

◇知覚過敏の対処と治療法

ドラッグストアに置かれている知覚過敏用の歯磨きでもある程度は治ります。エナメル質にフッ素をコーティングするので歯科で行う治療と同じですが、フッ素の量が違うので削ると同時にコーティングしているようなものです。歯科でフッ化ナトリウムの塗布を行ってもらうと、知覚過敏の歯も長時間にわたって神経伝達から守ってくれます。

間違えてフッ化水素酸を塗ると、ヒトが感じる最大の痛みを味わうことになります。神経や骨まで溶けてしまうので激痛があって当然ですが、老夫婦の歯医者が間違えたとはいえ、ちょっと古い話です。

それ以外に、レジンの塗布という方法もあって、歯科で一度の通院で知覚過敏の処置を行ってくれます。痛みが酷い場合は神経を抜くこともあり得ます。

酸齲蝕の対処として、食後30分以内に歯を磨かない事。という過去の非常識が常識へと覆っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る