先発品と作用が全く変わらない新しいジェネリック医薬品の登場 

bitamin

従来のジェネリックと全く異なり、溶出速度と効果、成分など全てが先発品と同じオーソライズド・ジェネリック(AG)がすでに販売されています。価格は従来のジェネリックと同等か、先発品の価格との中間くらい。また、先発品より機能的に優れたアドバンスド・ジェネリックも発売開始。

スポンサードリンク



◇オーソライズドジェネリック(AG)とは?

従来のジェネリックは、先発品の製法特許や添加物の物質特許・用法特許が残っていると、添加物や製造方法を全く同じものにすることが出来ませんでした。そして添加物やコーティング剤などが異なる事で、溶出速度にバラつきが大きいのが問題となっていました。

クスリを使用している患者は効果の違いに気が付いて医師にそれを伝えると、医師はジェネリックを処方しなくなります。ジェネリック販促のための一般名処方とはいえ、医師が薬に対する信頼を失うと処方箋の「ジェネリック不可」にチェックが入ります。

そこで、最近発売が始まったオーソライズドジェネリック(AG)とは、先発品の医薬品会社から特許の使用権を譲り受けて、先発品と全く同じものを作ることが可能になったということです。

◇AGメーカーの戦略とは

AGメーカーは先発品メーカーに対価を支払って薄利多売を行うことになりますが、開発費や治験の時間も不要なので市場が大きければ利益も大きいということで、従来のジェネリックとほとんど同じ価格で販売しています。

主に抗アレルギー薬や高血圧薬の需要は大きいので、その種の薬を従来のジェネリックと同じ価格で販売して、質の良さと安さで市場を独占しようという考えなのでしょう。

高血圧薬のカンデサルタン(商品名ブロプレス)やフェキソフェナジン(アレグラ)などは通常のジェネリックと同額です。アレグラは需要の多さから、最も早い時期に発売された日本初のAGです。

◇調剤薬局ではどうすれば?

今後は薬価を注意して確認する必要が出てくると思いますが、あまり出回っていないような医薬品は先発品に近い価格の物もあります。その辺りは処方箋を渡す時に薬剤師に確認してください。

「この薬のAG出てますか?薬価は?」などと質問すれば答えてくれます。ただし、会計の時に「AGに変更してほしい」というと、その薬は廃棄処分になるので、最初に処方箋を渡す時に受付で言ってください。処方箋に何と書かれていようと調剤薬局で変更可能、というのは従来のジェネリックと同じ扱いです。

◇アドバンストジェネリックとは?

後発品メーカーが付加価値を付けたもので、主に服用時に間違いが起きないための工夫がされています。PTPシートに分かりやすく印字をしたり、薬効を記載するなど飲み間違いのないように常在にも薬品名を印字する後発品メーカーもあります。錠剤の含有量ごとに異なる色調や形にするなどの工夫もされています。

ただし、通常のジェネリックなので、効果や溶出速度の保証はありません。見分けがつきやすいというだけであって、それ以外にメリットがない場合もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る