急激に視力を失って失明に至る「滲出性加齢黄斑変性」の新しい治療法

isya3

加齢黄斑変性とは失明の原因で最も多い網膜の疾患で、近年になって患者数が増加している疾患です。網膜の中心的役割を果たしている部分の「黄斑」に障害を起こした結果、急激に視力を失って失明に至ります。早期発見と早期治療が必要ですが、以前と異なった新しい治療法が開発されて、次々と確立されています。

スポンサードリンク



◇加齢黄斑変性の原因と症状とは?

網膜の中央にある黄斑とは、ヒトが物を見ようとする時に視界の中心になるだけでなく、色彩や形状を識別するための視細胞が集まっているところです。その部分に障害があると、肝心の部分が見えにくい、視野の中央が変形した状態が持続するなど、はっきりとした自覚症状があるので早期治療を行わない限り失明に至ります。

原因としては、網膜の下にある網膜色素上皮細胞がきれいに隙間なく並んでいますが、その下に新しい血管が出来ると、網膜色素上皮細胞が血管の圧迫により膨らんでくることで、視野の中央が歪んできます。この血管は脈絡膜新生血管と呼ばれて不要なものであり、それが増えるにつれて網膜の変形部分も広範囲になってきます。

そして面倒なことに新生血管の強度が弱いことが原因で出血を起こしやすくなっています。出血によって盛り上がるタイプの黄斑変性症と黄斑部分の委縮が起きるタイプの2種類があり、不要な血管による出血防止のためには新生血管を増やさないことが必要になってきます。

◇黄斑を障害から守るために

加齢と共に進行する「委縮型」は進行が遅いので、急激な視力低下や急に視力を失うことはありません。とはいえ、この委縮型の治療法がないのが現状です。また、両目同時に発症するわけではないので、本人でも気付かないほどゆっくり進行します。また、失明に至ることもないので、欧州ではサプリメントの内服にある程度の効果があるようです。

新生血管が増える「浸出型」の進行は急激で失明に至るまでの時間的な余裕はありません。患者数も増えているのがこのタイプで、成人の失明原因として4番目に多いものです。

過去の治療法としては新生血管を引き抜くという方法が取られていましたが、現在の治療では光線力学的療法、抗VEGF抗体療法が主流になっています。

◇現在の高額な標準治療

光線力学的療法(PDT):2004年5月に保険適応されたもので、治療直前に光感受性物質(ビスダイン)を10分かけて静注します。黄斑部を含む病変部分の新生血管ににレーザー光を当てることで新生血管の延長を止めて縮小させるというもので、PDT認定医による治療が義務化されています。1泊の入院扱いのため3割負担で20万円程度かかりますが、保険適応なので高額療養費の対象になります。

抗VEGF抗体療法:2008年に保険適応、硝子体を通して抗VEGF抗体を注射するという治療法で、日本初の核酸医薬品ペガプタニブ(商品名、マクジェン)を含め3種類の薬剤が承認されて、現在ではこれが標準治療になっています。使用する薬剤により、4週間または6週間の間隔をあけて計3回の治療を行います(VDTと併用する場合もあります)。費用は3割負担で1回2~5万円程度、医療保険でカバーできる範囲です。

◇副作用の問題点を解消する注射針

しかし、完治が望めないことと副作用の多さが問題になっています。注射針の穿孔が原因になる副作用として、充血や網膜出血、網膜剥離、眼痛、視力低下、眼圧上昇や感染症などのリスクが問題となっています。

上記の問題や副作用を減らすための治療方法としてナノサイズの注射針が開発されて、感染や炎症などの副作用対策を果たしています。VEGF治療後の黄斑部萎縮の治療にはイソプロピルウノプロストンが有効で、現在、高眼圧・緑内障向けに販売されている目薬が流用できます。

2008年、岐阜薬科大では薬剤のサイズを小さくすることによって、点眼薬だけで網膜に薬剤が届くようにリン脂質で作られたカプセルに薬剤を入れて、それが患部で作用するという方法が取られるようになる予定でした。その後のニュースや治験募集がないことから、2015年現在でも抗VEGF薬が主流というのは変わっていないようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る