外反母趾の原因と治療(足の痛みなど) ~自分で治せる外反母趾~ 

asi

外反母趾とはサイズの合わない靴を履いていると起きやすい症状ですが、特に女性に急増している症状で、窮屈なハイヒールを履くことで足の親指の変形を招くというもの。原因はシンプルなものであっても、見た目や痛みの症状はひどく、靴が履けなくなったり歩けなくなることも。

スポンサードリンク



◇外反母趾とは?

母趾とは親指の事です。足の親指が開く方向と逆に曲がってしまうことで、右足の親指が「くの字」になります。第一中足骨が左に曲がり、母趾(親指)が外反する(小指側に曲がる)と、関節が外側に突き出した部分が痛むようになります。サイズの合わない靴やハイヒールが原因で外反母趾になる女性が増えています。

整形外科で手術が適応になるケースは少なく、親指が完全に内側に折れ曲がっている場合など、見た目ではっきり分かる重症であったり、痛みが酷くて裸足でも歩きにくい、骨のずれが他の部分に影響しているなど、自分で治す事が無理な場合に限って手術が行われます。基本的に軽症のあいだに自分で治す症状です。

◇外反母趾の原因

足の幅が広い人が合わない靴を履いている時に起きやすいものですが、ハイヒールを日常的に履いている人は特に多く3人に1人は外反母趾の傾向があったり、すでに悪化しているといわれます。つま先がハイヒールの形に合わせようと無理がかかって、親指が小指側に曲がっていきます。

通常、足の指は自然に広がっているものですが、先の細いハイヒールに収まるように変形していくと親指が他の指の下に折れ曲がった状態になります。ハイヒールの踵(かかと)が高いほどつま先にかかる負荷が大きく悪化しやすいものです。

コンパニオンなどのハイヒールを強制されるような仕事の場合、無理して1日中履いているという場合もありますが、痛みを感じながら履き続けていると、次第に親指が変形しているのに気付くと思います。

先天的に偏平足であったり、親指が長い人は外反母趾になりやすくなっています。先天的な要因やハイヒールが原因であっても、どちらにしても親指が支点で小指側が力点になるので、親指の付け根が作用点になり、思った以上に力がかかり外側に骨が出てしまうというものです。

◇外反母趾の症状、影響

職業上毎日ハイヒールを履く必要があれば、足がハイヒールの形に変形して都合がいいと思う事もあるかもしれませんが、それも痛みが出てくるまでの間です。痛みは足だけでなく体全体が痛むこともあり、頭痛まで引き起こします。

人体を支える接地面の足の裏が安定していないと、全ての骨格に悪影響が及びます。膝の痛みやO脚、骨盤や腰骨にずれを生じたり、脊椎側湾症や脊柱側湾症など左右だけでなく、前後に湾曲する場合もあります。脊椎の湾曲が肩こり、顎関節症、頭痛などを引き起こす原因にもなり、足から頭まで痛みに悩まされることになります。

◇外反母趾の自己治療

全身に痛みを感じてくると足の症状も酷くなっています。整形外科を受診しても、湿布が出されて生活上の注意をされる程度です。ハイヒールを履いている場合はほとんどの場合禁止になりますが、よほど悪化した場合でないと手術適応にならないので、保存療法としての消炎剤や湿布の処方に留まります。そこで自分で治す必要が出てきます。

外反母趾用のサポーターやテーピングで痛みを取りながら治していくのが先決です。サポーターの効果を得るためにも靴を代えるのは必要です。マッサージに関しては整骨院で指導を受けるのが最善です。整形外科では丁寧な指導は期待できません。

重症ではない限り、外反母趾用のサポーターなどを付けたままマッサージをすることによって次第に痛みも引いていき指の形も治っていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る