冬に起きやすい、免疫機能の低下と乾燥による感染・感染防止策

kansou

ウィルスは低温・低湿度を好み、気温や湿度が低い空気中では浮遊している時間も長くなり、感染力が強まります。ヒトは体温の低下や鼻腔や気道の乾燥によって、感染と炎症を起こしやすくなり免疫力が低下します。また、水分を積極的に摂取しなくなるため、のどや気管支の粘膜がさらに乾燥しやすくなり、ウィルス感染症を起こしやすい状態になっています。

スポンサードリンク



◇秋から冬にかけて特に多い感染症

気温と温度が下がるとウィルスの飛沫が空気中を漂っている間に水分が蒸発して小さくなります。小さい塊になると乾燥した空気中では移動速度と飛距離が伸びるので、遠く離れている人が咳をすると思ってもいないような被害を受けることになります。

また、地面に落ちたウィルスでも風が吹けば舞い上がって広範囲に感染を拡大させます。湿度が高い季節と違い、ウィルスの生存期間が長いのが冬に感染が広がりやすい原因です。飛沫感染しか起こさないウィルスでも、乾燥した空気中では小さなゲル状になって空気感染を起こすようになります。

◇低湿度、低気温が原因になる感染

ヒトの体は、寒い季節になると汗が出ないので喉も乾きにくくなります。そして水分をあまり摂らない事が原因で、のどや鼻の粘膜が乾燥します。乾燥と炎症は同じようなものです。粘膜の炎症が起きると異物を除外する機能も低下します。そして、鼻粘膜や喉の粘膜に感染しやすくなります。

免疫器官の扁桃も炎症を起こすと同様にウィルスを捉えることが難しくなります。免疫器官が正常に働かないので、ウィルスや細菌が感染範囲を拡大させるための好条件が揃っています。皮膚も乾燥する事で細菌の拮抗状態(バリア機能)を失って皮膚に感染しやすくなります。

秋から冬にかけて流行するウィルスや細菌では、RSウィルス、ノロウィルス、ロタウィルス、アデノウィルス、溶連菌などがあります。

◇免疫力低下に伴う感染

小児や高齢者は冬の悪条件に加えて、免疫力が低い状態なので特に感染を起こしやすくなっています。そして少量のウィルスでも体内で増殖してしまうという事が起きます。抗体の種類が少ない小児では予防接種を受けていない未知のウィルスに対して抗体が正常に作られないため、感染しやすくなっています。

免疫細胞のB細胞からは抗原に対抗する固有の抗体が作られるので、一度感染したウィルスに対しては固有の抗体情報を記憶しています。抗体がすぐに作られるので、感染しない、または軽い症状で治まるのが一般的です。最初に感染した時はマクロファージで無力化させた後にヘルパーT細胞に抗原と抗体の情報を与えて記憶させます。

自己免疫反応による疾患は多くなっているので、免疫抑制剤を使う難病の患者や高齢者は多いかと思います。その場合は抗体情報を持っていても、免疫反応自体が起きにくいので感染しやすく治りにくくなっています。

◇感染防止のための対策は?

感染の危険の有無に関係なく、常にマスクをつけること。鼻の両側に隙間ができないタイプがあるので、それを使うとマスク内が適度に加湿されるので鼻腔と喉の乾燥防止になり、感染をある程度防止できます。N95であれば95%カット、N80であれば80%になりますが、N80でも実測値は95%のウィルスや細菌をカットしています。見た目も悪くないのでN80の方が実用的かと思います。

皮膚のバリア機能を正常に保つために、ヘパリン類似物質のクリームを塗ると、保湿によって抗ウィルス、抗菌作用、抗炎症作用が期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る