非特異的腰痛の原因特定の難しさ ~自己管理が必要な腰痛~  | 家庭医学の知識大百科「ヘルスカレッジ」~家族を大病から守るためのサイト~

非特異的腰痛の原因特定の難しさ ~自己管理が必要な腰痛~ 

youtuu

腰痛には原因が特定できる特異的腰痛と、特定が困難な非特異的腰痛があり、特定できるものは治療法も確立されています。非特異的腰痛は原因が特定出来ないわけではなく、骨に異常がないので整形外科で診断を下す事ができない腰痛で、治療法も確立されていないものを指します。主に鍼灸院やカイロプラクティックや整骨院で治すレベルの腰痛です。

スポンサードリンク



◇非特異的腰痛の原因

この非特異的腰痛は腰痛患者のうち、85%以上を占めています。そして一般的に腰痛と言えば非特異的腰痛を指します。整形外科では治療法が確立されていないので血管拡張剤を処方される程度です。整形外科では腰痛症、慢性腰痛などと呼ばれて診断書に書かれる程度で治療は行いません。腰部脊柱管狭窄症やヘルニアの手術後に非特異的腰痛を発症することが増えています。

画像診断では痛みがあるのかどうか判断できないので、診察時に体を動かした時に「痛い」という自己申告で確定診断になるのが腰痛症(非特異的腰痛)であって、原因の特定が難しくなっています。

電気が走るような神経の痛みを疼痛といい、筋肉の痛みは鈍痛がほとんどでそのまま筋肉痛といいます。鈍痛の筋肉痛なら自分で治せる範囲です。神経の痛みが腰に出ることは少ないですが、ピリッとした痛みがあれば脊椎が原因の可能性が限りなく高くなります。これは整形外科で治療可能な範囲です。

◇特定できない非特異的腰痛

50%の患者に心理的要因があり、それに加えて同じ姿勢を続けて起きた筋肉痛や、運動不足による筋力の衰えなど、腰椎や腰の筋肉に関係ない部分が原因で腰痛が起きることもあります。

他にも、筋・筋膜性腰痛症や筋性腰痛症などの筋性疼痛症候群が絡んでいる可能性も高く、インナーマッスルの硬さ、筋肉疲労、筋力低下、心因性腰痛など複数の要因があるということになります。特に筋力低下があると、中腰が続かない、または、中腰の状態から立ち上がる時に痛みを感じます。

◇非特異的腰痛の治療

整形外科は手術専門やリハビリ専門のどちらかなので、非特異的腰痛の場合は鍼灸院や整骨院で筋肉の緊張を取ったり、リハビリで筋力をつける、インナーマッスルを鍛えて柔軟にする、薬で緊張を取るなどの治療で腰痛は治ります。心因性腰痛と筋性腰痛があると薬が必要になってきます。

薬物療法としては、精神安定剤で心因性腰痛を取り除き、骨格筋弛緩剤で筋肉の緊張緩和、血管拡張剤で血流を増やして腰痛の改善が期待できます。これらは整形外科で処方されます。神経疼痛の場合はセロトニン下行性疼痛抑制が正常に働いていなければ、SSRIを服用すると治ります。

それでも何の変化も見られない場合、筋力をつける必要があります。主にインナーマッスルを鍛えながら柔軟性が出てくると治ります。

まだ、それでも疼痛が治まらないという場合、仙骨の神経ブロックを試す価値はあります。腰椎でも構いませんが、ブロック注射を続けることで、痛みが引く期間は長くなっていくので、通院の間隔も次第に長くなっていきます。そして麻酔が必要ない状態になりますが、これは個人差が大きいので何とも言えません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る