更年期障害の男性の症状やホットフラッシュによる頭痛

a0002_007862_m

テストステロンのレベル低下に伴って更年期障害を引き起こすと言われています。男性の更年期障害で最も大きなものがEDであり、その原因として性欲低下・性機能の低下・精子の産生不足があります。しかし、男性更年期の場合はED治療薬のクエン酸シルデナフィルを使うことで、他の症状の改善がみられるといわれています。

スポンサードリンク



ー主な症状としての倦怠感・無気力感ー

男性更年期(LOH症候群)テストステロンの濃度低下により、漠然とした体のだるさ、疲れやすさ、発汗、ほてり、睡眠障害、間接・筋肉関連の症状、抑うつ、疲労、頭痛、記憶力や集中力の低下などがあります。女性と同じように影響を受ける因子としてストレスや環境の変化が大きいとされています。テストステロンは脳下垂体からの神経伝達によって精巣で作られますが、ストレスによってその神経伝達物質に影響が出るためテストステロンが減少します。次第にその影響が大きくなるため進行すると悪循環に陥ることもあります。

ーテストステロンの怪しげな情報ー

怪しげな未確認情報として、男性更年期(LOH)の場合は、社会に適応できずにうつ病を発症した場合にテストステロンの濃度が下がっています。テストステロンによりうつ病を発症するのではなく、社会復帰をしたらテストステロンの濃度が上がるということで、テストステロンの場合は社会的ホルモンとも言われています。ということで、テストステロンを補充してもうつ病が治るわけではありません。

ED治療薬に更年期の症状を抑える効果があると言われますが、クエン酸シルデナフィルがテストステロンの受容体と結合するのかもしれません。EDは性機能の劣った男性に必要な機能のようにも感じます。しかし、ED治療薬によって間接的に男性更年期を回避しているようにも思えます。テストステロンの濃度低下によって男性の更年期障害が始まり、その症状としては女性ほど顕著ではないとしても、人間としての老化の過程で必要な症状が多いようにも思えます。

ーテストステロンの信頼筋の情報ー

信頼すべき筋の情報では、テストステロンの濃度が上がるとうつ病の治療効果があり社会復帰も可能になるとのことで、諸外国ではテストステロンの補充を行うことで更年期障害としてのうつ病の治療を行っています。しかし、テストステロンの内服は肝毒性が強いため、肝機能の定期検査は欠かせないものになります。

濃度低下の症状として、「性機能関連症状」性欲低下やEDなどの男性機能の低下、肥満や高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のような症状に加えて、骨粗鬆症やうつ病、認知症の可能性もあります。テストステロンのレベルには喫煙と運動不足が影響しているといわれ、喫煙をせずQOLの高い人はテストステロン値が高いという傾向にあります。他にもテストステロンの場合は睡眠中に作られているといわれるため睡眠障害があると作られにくくなります。

ー男性のホットフラッシュー

自律神経の副交感神経優位により末梢血管が拡張することから、運動に関係なく顔や首の熱感・のぼせなどがあり、発汗や動悸も同時に起こることがあります。急に症状が出ますが、数十秒から数分で収まることがほとんどのケースであり、頻度も個人差が大きくなっています。気分も不安定になり落ち着かず、必要以上に緊張することもありますが、あまり意識しすぎると症状は治まりにくいので、ゆったりと腹式呼吸で気持ちを静めましょう。

ー利己的な遺伝子とテストステロンの濃度上昇・濃度低下ー

生命の危険にも関わるような危険な行為を行った後にテストステロンの濃度を測ると、通常の100倍近い濃度に達したという研究結果もあります。このため、利己的な遺伝子は生命の危険を察知すると生殖本能をもたらすというのは間違いないようです。浮気によってもテストステロンの濃度が上がるため、生殖本能が一時的に上がると推測され、ここでも利己的な遺伝子の影響があると思われます。

また、男性ホルモンのレベルが正常であっても体の不調がある場合はテストステロン受容体に障害を起こす原因になるため、欠陥の可能性のある遺伝子は排除される結果になります。テストステロンの受容体をブロックすると前立腺疾患が抑えられ、テストステロンを投与すると心臓発作・脳卒中のリスクが高まるという研究結果もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る