更年期障害の症状・動悸・微熱、40代の女性の抜け毛

kounennkisyougai

自律神経の不調により交感神経が優位になるのが更年期障害ですが、交感神経が優位になると頻脈が起こります。100回/分を超えた場合は頻脈(動悸)になります。更年期障害の中でも多くみられる症状で、精神状態も関係してくると言われています。

スポンサードリンク



ー40代の女性の抜け毛・薄毛ー

40代以降になると白髪が目立ってきたり髪が薄くなるという面倒な症状もありますが、エストロゲンの減少と加齢の両方の影響で頭皮の委縮や毛根やその周辺の酸化などの影響が及ぶため、抜け毛や髪が細くなったりする場合があります。個人差があるものの脱毛症と言われるほど酷い場合もあります。更年期が関わってくると急激に増大するストレスから抜け毛が多くなります。ストレスや更年期の急なエストロゲンの減少にもより円形脱毛症にもなる場合もあります。

エストロゲンの減少によって、頭髪を含めた全身の体毛の成長が止まる女性もいます。この対処法として、エストロゲンに似た作用を持つ大豆イソフラボンの摂取によりある程度の予防を図ることができます。大豆イソフラボンは卵巣のエストロゲン受容体に結合するため、エストロゲンと同じ作用を持っています。卵巣が委縮していないプレ更年期の場合は受容体が残っているため、この代替療法も可能というわけです。

ー更年期障害予備軍ー

40代後半以降で閉経前の更年期障害のない女性の場合はプレ更年期などと呼ばれ、ホルモンのアンバランスによるものではなくストレスがもたらす自律神経による疾患とされています。更年期障害と似た症状があることから、プレ更年期などと言われています。血管拡張による火照り・のぼせ・微熱などもありますが、元の原因を取り除くと治ることや食事などで改善されます。

ー更年期障害の急な進行を遅らせる治療法ー

ホルモン補充療法として経口薬と経皮吸収タイプの貼り薬があり、どちらもプロゲステロンとエストロゲンの2種類が含まれたものと、単体で補充するものがありHRTと呼ばれています。乳がんのリスクがあると言われていましたが、出産経験がない女性より罹患するリスクが少ないうえに、HRTは乳がんのリスクを50%に減らすという統計結果があるため現在のホルモン補充療法の主流になっています。

あくまでもホルモンの急激な減少を抑えることを目標としており、更年期以降の場合は健康保険が適応されます。また、軽い更年期障害の場合(イライラ、不眠、発汗など)、ホルモン補充療法に不安を感じる人には、抗不安剤、抗鬱剤、自律神経調整剤、ビタミンEなどが処方されます。

ーホルモン補充は無駄な抵抗?-

男性にも女性にも卵胞刺激ホルモン(FSH)が存在して生殖細胞の成熟を刺激しています。女性ではFSHは卵胞の成長と排卵に関係しています。思春期前ではFTHは低く、閉経後のFSHは意味もなく高い濃度を示します。閉経後はFSHの濃度が上がることでホルモンのアンバランスから体の不調を引き起こします。

また、閉経後になぜFSHの濃度が上がるのかということは、遺伝子レベルで考えると理解できます。利己的な遺伝子は時に利他的にもなるということでしょう。その根拠としては、「FSHは分泌過多や欠乏の両方で致死的な障害を引き起こす」ということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る