最近急増中の手足の末端冷え性の原因と治療

hiza

一年中季節を問わずに手足が冷えるという、血圧が低い人によく見られる体質があります。冬になると特に末端部分の血行が悪くなり、手足の血行が悪化して皮膚が真っ白になる人もいます。心臓から遠い部分ほど血行が悪くなって異常に冷たくなることがあります。

スポンサードリンク



◇末端冷え性の原因と症状

寒冷地に対応するために、末端部の毛細血管が拡張して皮膚が赤くなった結果、「りんごのほっぺ」などと言われ、緯度の高い地方ではよく見られますが、それは交感神経によって体表の温度を上げて寒さ対策をしています。顔に限らず、手足も寒冷地対策として温かくなるものですが、環境に順応できない体質のヒトもいます。

寒い時期に末端の手足の血圧が上がらないなどの低血圧であったり、生活習慣病が原因になる動脈硬化性疾患(末梢血管疾患)や、閉塞性動脈硬化症、血液の質の悪さ、自律神経が影響するものでは血管平滑筋の動きの悪さ、筋肉によって血液を押し上げる力が不足すると、心臓から遠い部分の足の冷え性の原因になります。

高齢者の場合は下肢閉塞性動脈硬化と筋力の低下が起きています。血流の改善では筋力の回復が必要であり、末端血管の機能的な改善と共にリハビリによる筋力回復によって下肢動脈の正常な血流改善が期待できます。その結果、冷え性を根本から治療することが可能になります。

◇生活習慣が関係する冷え性

一般的な冷え性として、最も多いのが「冷房で体の冷えを感じる」というもの。社内などで一人だけ冷えを感じても超少数派は無視されます。それ以前に「寒い」などと言えません。そこで、あえて文句も言わずに、使い捨てカイロを使ったり毛布をかぶるのは、ちょっとした反感を買うかもしれません。

この際、多数派と同様の体質に変える方が得策です。冷え性の原因は代謝低下や血行不良、血液の質、筋肉の震えによる体温調節の不調。これは冷房病ともいいますが、変温動物化した新人類の特徴です。

◇筋力と内臓の働きを正常に

とにかく筋肉量を増やして代謝を促進させる、血液の質を正常にして血行を良くすることが必要になります。結果的に内臓の栄養血管の血行が正常になれば、内臓の働きも正常になり代謝を促進させて脂肪の燃焼にもつながり、自律神経の改善や免疫力向上も図れます。面倒なようですが、これが冷え性の根本的な治療につながるということで、有効な手段です。

最初の内は冷え性対策グッズを併用するのも効果的です。少しの汗で発熱するヒートテックという素材を使った下着の発熱量だけでも血行促進の効果があります。血行促進によって内臓の働きや温度も上がり、代謝改善、免疫力向上などを同時に図ることができます。

冷え性のタイプを細かく分類すると多くの原因と症状がありますが、全ての根本にあるものは血管と血液の質であり、最近増えているPAD(末梢動脈疾患)の原因としての脂質異常症や糖尿病などから動脈の内腔が狭くなる原因を取り除くと末端冷え性も改善されます。血液にオゾンを通して体内に戻すという血液クレンジングも有効な手段です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る