AGA(男性型脱毛症)を放置すると進行する?

AGA

AGAとはAndorogenitic Alopecia とも言われ、直訳すると、アンドロゲン型脱毛症(俗称:若ハゲ)であり、男性ホルモンのひとつでもあるアンドロゲンの分泌量が増える思春期以降に男性に起きる脱毛症のことです。脱毛が始まる場所としてはこめかみが最も多く、生え際が後退していくという進行性の症状で、男性ホルモンの受容体が影響して頭頂部が薄くなっていくと若ハゲといわれる症状が現れます。

スポンサードリンク



◇AGA(若ハゲ)の2パターン

まだ若年の頃に、こめかみから抜け毛や薄毛が始まり、次第に生え際が後退していく場合と、頭頂部から抜け毛が始まって、最終的にはどちらも脱毛部分は同じような形になります。

男性ホルモンが影響している若年性脱毛症、または若ハゲと言われるものには、毛根部に男性ホルモン(アンドロゲン)の受容体があり、男性ホルモンが作用することによって頭皮の再生サイクルが短くなることが影響していると考えられています。

◇AGA治療前の各種検査

男性ホルモンの影響を受ける場所によって脱毛の進行が変わってきます。この個人差については遺伝的要因や男性ホルモンの影響、または両方が考えられます。かつては診断基準がなかったため、治療方針も確立されていませんでした。

近年では、治療前には遺伝子検査を取り入れて治療方針を決めるということが行われていましたが、最近になってAGAに関するホルモンとして、男性ホルモンのテストステロンやアンドロステジオン、アンドロステロンなど、5種類の男性ホルモンがある程度関係していることが判明しています。

ホルモン以外では、遺伝子と遊離テストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)へと変換する酵素なども関係しているため、治療前にホルモンや酵素、DHT、毛乳頭のX染色体の遺伝子配列の検査も必要になります。

◇AGAの程度は酵素で決まる

色々と原因が考えられてきた若ハゲと治療法ですが、AGAの最低限必要なチェック項目としては、脱毛の直接的な原因物質はDHT(ジヒドロテストステロン)であり、テストステロンが5αリダクターゼという酵素の活性が高いとDHTに代謝されやすく薄毛の原因になります。

テストステロンは濃度の違いがあっても男性の全てに存在する代表的な男性ホルモンです。主に加齢によって分泌量が減っていくものですが、80代でも減らない場合もあるという人もいます。

最も大きな要因として「5αリダクターゼの活性度」と「アンドロゲン受容体の感受性」が影響して若ハゲが起こります。この両方は遺伝する体質であって、結果的に若ハゲが遺伝するともいえますが、正確には酵素の活性と受容体が関係します。

どちらでもいいと思いますが、治療上、親の頭髪の状態も参考になります。5αリダクターゼの酵素活性は両親から優性遺伝するので、どちらかが薄毛であれば50%の確率で遺伝します。受容体の感受性は母親から遺伝します。

◇AGAの遺伝子検査と治療

両親からの遺伝子がAGAに関係していることがある程度明らかになり、初診時に遺伝子検査や男性ホルモンや酵素の活性度を調べるための血液検査などが行われることもあります。

原因がある程度判明しても、確実な治療法が確立されていないのが現状で、現在主に使われている治療薬プロペシアは前立腺肥大の治療薬であって発毛は作用ではなく、副作用としてDHTへの代謝を抑制するので、精力減退やEDなどの副作用の一つであり、発毛も副作用に含まれて保険適応になりません。

原因が判明していても治療法は民間療法レベルに近く、FDAがプロペシア(フィナステリド)を5αリダクターゼ阻害作用があり、結果的に脱毛症治療薬として認可しているので、遺伝子変異を直接治療することが可能になるまでは、プロペシアの持続的な服用が必要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る