がんは治る病気、患者自身が納得できる選択肢を!

hiza

がんの治療法は、外科手術による切除、抗がん剤などの化学療法、重量子線などの放射線治療の3つが従来から一般的に知られていたものですが、最近では温熱療法や免疫療法も出てきています。遺伝子治療も有効ですが、臓器別のがんに効果のある分子標的薬と免疫チェックポイント阻害剤が主に使われています。

スポンサードリンク



◇臓器別分子標的薬について

従来の抗がん剤は、がん細胞や正常な細胞の別を問わず細胞分裂を抑制していたため、造血細胞や毛根細胞の分裂を抑制していました。それが原因で白血球の減少や脱毛が起きるのが問題でしたが、できる限り正常な細胞に影響を与えず、がん細胞だけに作用して細胞分裂を抑制することが可能になってきました。

臓器別のがん細胞に対して分子レベルで特異的に作用するもので、次々と承認されています。標的となるがん細胞の分子が判明しているので治療効果はありますが、正常な細胞にある程度の影響があるため、副作用をさらに減らすことが課題になっています。

現在のところ、分子標的薬として承認されているものは、「慢性骨髄性白血病」に対するイマニチブ、二次効果を期待して投与されるダサニチブが有名なものです。急性前骨髄性球性白血病にはタミバロテンなど、白血病の分子標的薬が多くなっています。

「悪性リンパ腫」の増殖を抑えるだけでなく死滅させる分子標的薬や、「腎細胞がん」の増殖を抑えるエベロリムス、切除ができない「非小細胞肺がん」にはエルロチニブ、「消化管間質腫瘍」「腎臓がん」に栄養を補給する新生血管を標的にするスニチニブなどがあり、「大腸がん」に対しても新生血管の延長を防ぐものでは、ベバシズマブなどの3剤を組み合わせて悪性の大腸がんに大きな効果を示しています。

他には乳がんやB細胞性非ホジキンリンパ腫に効果があるものなど、ほかの治療法と組み合わせて使用することで効果を上げています。

現在の標準治療になっているものも多いですが、正常な細胞に与える悪影響や副作用を減らすことが今後の課題になっています。

◇免疫チェックポイント阻害剤

免疫療法の一つに分類されますが、特に肺がんに効果のある免疫チェックポイント阻害剤では細胞障害性T細胞ががん細胞を攻撃するときに必要以上に活性化するため、正常な細胞まで侵されることになり、がん細胞がそれを察知してT細胞から逃れて生存する手段を得ています。

T細胞が本来持っている能力を発揮できず、がん細胞に対しても効果が期待できませんでした。そこで、がん細胞が察知できないようにT細胞の活性化を阻害して本来の機能を取り戻すために、免疫チェックポイントの働きをセーブする薬を使うことにより、がん細胞だけをターゲットとして攻撃する事が可能になっています。

肺がんの免疫チェックポイント阻害剤(PD-1阻害剤)では、オプジーボ(一般名:ニボルマブ)が使われていますが、まだ世界中で開発され臨床試験を行っている薬は多くあります。

◇その他の治療法と遺伝子検査

遺伝子検査によって発がん抑制遺伝子に異常があると、発がん率が判明します。特に乳がんや子宮がんなどは、兄弟姉妹を含む第一近親者に2人の発病者がいれば80%以上の確率で乳がん、子宮がんを発病します。

有名人では発がん前に切除する人もいるようですが、がんは治る病気になりつつあるので、末期がん以外では簡単に諦めないほうが無難です。

肺がんや、乳がん・子宮がん・肝がん・腎臓がん・大腸がん・胃がんは治るがんであり、早期発見も可能になっています。これらを利用しないのは無駄に寿命を縮めているような感じもあります。近いうちに陽子線治療が保険適応になり、失った臓器や四肢の再生が可能になるのではないかと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る