アスペルギルス感染症 ~近年の医療による二次感染症~

kaze

臓器移植などを初めとする高度医療の際を含め、自己免疫性疾患が増えてきた現在では免疫抑制剤やステロイドを使用する機会は多いものです。しかし、免疫力低下を目的とした治療法により感染症を起こしやすくなり、病院内では特にアスペルギルス真菌による感染症が多くなっています。

スポンサードリンク



◇ アスペルギルス症とは?

アスペルギルス症の原因となるアスペルギルス真菌とは、大気中に胞子の形で存在する真菌であり、呼吸によって口内に入ってきますが、通常は健康被害などの影響を受けることはありません。

常在菌としても、健康な人の口中などいたるところに存在している真菌ともいえます。しかし、免疫力の低下に伴って感染症だけでなく、アレルギー反応を引き起こすことが知られています。

免疫力の低下が感染症を起こしやすくなることはよく知られていますが、アスペルギルス真菌の場合は感染源だけでなく、真菌の胞子がアレルギー反応を起こす抗原になるため、単なる感染症とは異なる症状を起こします。

感染を起こしやすい部分では気管支や肺が多く、鼻からの感染では通常の感染症状を呈しますが、口から呼吸器に入り込んだ場合は容易に血液中に入るため、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症として感染症が全身に及びます。

アレルギー症状としては喘息に似た症状が現れるため、原因の特定や適切な治療が遅れると、アレルギー反応として咽頭の腫れや気管支に淡が詰ることが原因で呼吸困難になる事もあり、致死的な状態を招くこともあります。

◇ アスペルギルス症の原因と症状

大気中に存在するアスペルギルス真菌の胞子はヒトに与える影響が少ないものの、病院では抵抗力(免疫力)の低下した入院患者が多いため、エアコンの乾燥した空気中や外部から持ち込んだ見舞い用の植物から飛散することで、病院の空気中に浮遊している胞子や真菌の量は増えています。

これに感染した場合、単なる真菌感染症としての炎症であれば抗真菌薬やステロイドで治りますが、胞子や真菌を抗原とみなした場合の抗原抗体反応(アレルギー反応)の治療は急を要する場合があり、適切な処置が行われなかった場合は気管支喘息、肺炎、気管支炎などのアレルギー症状を起こして次第に悪化していきます。

これらのアレルギー症状をまとめてアレルギー性気管支肺真菌症と呼ばれています。真菌が検出されたところでアレルギー性疾患という認知度が低いため、単なる気管支炎や気管支喘息として治療を行うと、治癒までに長期間を要する事になり、抗真菌薬では簡単に治らないのが特徴です。

◇ 抗真菌薬で治らない感染症

真菌に感染した場合、真菌の細胞膜合成を阻害する抗真菌薬と、対症療法として肺炎や気管支炎などの炎症を抑えて症状を楽にするためのステロイドが使われます。しかし、アレルギー症状は急性で長期にわたるのが一般的です。

アレルギー症状に加え、アスペルギルス腫という腫瘍が出来た部分は外科的手術により摘出しない限り、次第に周りの組織に広がっていきます。

血液を介して全身に感染が広がると複数の臓器に感染して腫瘍を作るため、脳にまわると脳腫瘍が出来る事もあります。手術で取り除かない限り臓器の損傷は進行して全身症状を呈します。

最終的に、気管支ではアレルギーによる炎症を繰り返して気管支拡張症を起こし、感染症として肺炎を同時に起こすと呼吸不全に陥ることもあります。

◇ アスペルギルス感染症の治療

アレルギー症状と真菌感染症を同時に治療していく必要があるという面倒な感染症です。検査では血漿中のIgE抗体の測定によりアレルギー反応の有無と真菌感染の両方の検査が行われますが、確定診断に至るまでに時間がかかるだけでなく、「可能性が高い」という診断になります。

元々免疫力の低下している患者ですが、急を要するアレルギー症状に対しては真菌に対する免疫反応の抑制を行うしか手段がありません。

本来は感染の治療では逆に免疫力を上げる必要がありますが、対症療法を行いながら抗真菌薬を使い、ステロイドや抗菌薬などを必要に応じて使いながら治療を行っていくという手段が取られます。

入院の際に然るべきフィルターのマスクを着用していれば、感染を未然に防げる真菌だけに、手術後に免疫抑制剤を使用した場合などは、特に感染予防を行って致死的な状況に至ることを防止すべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る