顔を認識できない相貌失認と視覚性失認とは? | 家庭医学の知識大百科「ヘルスカレッジ」~家族を大病から守るためのサイト~

顔を認識できない相貌失認と視覚性失認とは?

kiokuryoku

相貌失認とは、すべての人の顔が認識できないというもので、先天性の場合は自分の顔さえ認識できないといった悲劇も起こります。稀に見る難病のように思えますが、2%前後と言われることもあり、先天性の相貌失認の割合は軽度を含めると10%前後であり、後天的に発症する者も多いと言われています。

スポンサードリンク



◇ 相貌失認の自覚の無さと長い苦悩

人間が誰かの顔を見るときには、目、鼻、口を瞬間的に認識して、自分と関連している者かどうか?どのような表情なのか?特徴的な顔や興味を示す顔なのか?といった判断を瞬時に行います。人は成長するにつれて顔の認識能力が上がり、例えば窓の配置が人の目、鼻、口に見えるような建物があれば、瞬時に人の顔と認識しようとしますが、単に似ているだけという判断をします。

相貌失認の「相貌」とは人や動物の顔のことで、「失認」とは高次脳機能障害により認識ができなくなる事を指しています。先天性に人の顔が認識できない相貌失念の場合、人の顔が認識できないのは当然と勘違いしたまま成長します。そして誰かに指摘されて顔の認識能力がないことに気付きます。しかし、人の顔を認識できないのが自分だけとは思うはずもなく、他の人はある程度顔で区別しているのかもしれないと理解する程度です。

何度も顔を合わせている人に声をかけられて、誰か分からないということは当然のように起こります。区別できる要素といえば声だけです。考えた挙句、まったく記憶にない場合に「はじめまして」などと言うと、相手は不愉快な態度をとったり、怒りの感情をあらわにするようになります。表情さえ読み取れないので、声に出して言われないと気づきません。初対面でないことがわかると、次第にうまくごまかせるように対応するようになります。

◇ ブラッドピットが相貌失認を公言した理由

ブラッドピットが自ら相貌失認であることを世間に公言しましたが、対人関係が多すぎると不愉快にさせる相手が増えるという理由もあり、「どこかでお会いしましたか?」などと聞くと、聞かれた方は避けられていると思って当然です。気付いているふりをしてごまかすより、直接訪ねると事態が悪化することに気付いたようです。

人間関係も次第に減り、友人もいなくなってしまったようで、周りの者や関係者に知ってもらう方が楽だと判断した結果、相貌失念という病気を公表したとのこと。病気の認知度が上がれば無用な誤解が解けたのかもしれません。

先天的・後天的の別はわかりませんが、後天的に発症する原因としては、脳梗塞や打撲・外傷・脳腫瘍による側頭葉・後頭葉の機能障害が主な原因とされています。

◇ そのほかの失認の種類

視覚性失認、聴覚性失認、触覚性失認などがあり、視覚、聴覚、触覚などの感覚器官が正常であるにも関わらず、見ている物が何かわからない、聞こえている音が声なのか音楽なのか自宅のチャイムの音なのか判別ができない、触っているものが何かわからない、という症状があります。

いずれも脳が処理できないために起きる症状で、顔の判別がつかない相貌失認よりも重症例は多いものです。現在のところは対症療法による脳疾患の治療以外に手段はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る