重粒子線治療 ~標準医療と先進医療の違い~ | 家庭医学の知識大百科「ヘルスカレッジ」~家族を大病から守るためのサイト~

重粒子線治療 ~標準医療と先進医療の違い~

second

X線、ガンマ線による放射線治療と、重粒子線治療の生存率には大きな差がありますが、標準治療は保険適応のX線、ガンマ線を使った定位放射線治療とガンマナイフが一般的です。先進医療の重粒子線治療のメリットと治療方法を選択できる余地はどの程度あるのでしょうか?

スポンサードリンク



粒子線治療と重粒子線治療のメカニズム

粒子線治療の粒子とは電子を取り除いた陽イオンのことで、最終的に人体に当たる粒子は陽子だけの水素イオン(H+)、または、炭素イオン(C4+)が主流です。水素イオンによる粒子線治療は陽子線治療と呼ばれ、炭素イオンの場合は重粒子線治療というのが一般的です。

直径40~60メートルの円形の医療用加速器(シンクロトロン)の中を0.5秒間に100万回回って、光速の60~80%に加速された巨大な電荷をもつ粒子ががん細胞をめがけて飛んできます。

粒子は水平方向と垂直方向から照射することができ、設定した深度のがん細胞で全てのエネルギーを放出するため、放射線のようにがん細胞を越えた部分には全く影響を及ぼしません。

炭素イオンが4価・6価の陽イオン?

イオン源には、水素H2またはメタンCH4を使い、加速器で使われる粒子はレーザーを用いて電子を取り去ります。陽イオンの状態にした上で加速させると電荷(数百MeV)が高くなり、がん細胞だけにダメージを与えた瞬間、粒子として存在できるエネルギーを失い消滅します。

レーザーのエネルギーが大きいほど電子を多く取ることができますが、元素が重くなると加速させるために巨大なサイクロトロンと設備が必要になります。医療用に使用する加速器には限界があり、電子を12個持った炭素の場合はC4+、C6+程度に留めています。

水素イオン(陽子)よりも重い炭素イオン(C4+)を使用すると陽子線の2~3倍の破壊力があります。さらにエネルギーの高い炭素イオン(C6+)を加速器で使用する事で最も高い治療効果が得られますが、現在では施設が少なく、医療用粒子加速装置の小型化と普及によるコスト低下が期待されます。

陽子線・重粒子線治療の医療費と治療日数

エネルギーを放射するピークを深部に設定する事が可能で、その前後の正常な細胞に影響を与えないのが最も大きなメリットです。X線やガンマ線を使うと肝がんの場合は10~20回の放射をしますが、重粒子線は2~4回で済みます。

逆に脳神経外科が扱う脳や脊髄、耳鼻咽喉科・頭頚部外科が扱う頭頚部(顔面神経、咽喉、咽頭、聴神経)の場合はピンポイントで繰り返し照射を行うため、少し粒子線の照射回数が多くなります。

副作用(急性反応)が無い限り、準備期間を含めて1週間の入院になり、数回に分けて行う場合は最高6週間程度の入院になります。

粒子線治療は先進医療の扱いになっています。粒子線治療を行う医療機関が少なかった頃は700万円以上に及ぶ治療費でしたが、現在では全国に13か所以上に増えた結果、入院費と事前の検査費用を含めて300万円程度まで安くなり、無利息の10年間ローンの利用が可能です。(毎月2万5千円)

平成28年度の診療報酬改定により、「小児腫瘍(限局性の固形悪性腫瘍に限る)」に対する陽子線治療が保険収載され、平成28年4月1日から、公的医療保険(国保、社会保険)の適用となり、治療費は高額療養費の範囲(2~4万円)で済みます。

確実ながん治療と余命の違い

陽子線治療や重粒子線治療を受ければ300万円の医療費負担ですが、確実にがん細胞を縮小させて副作用もなく治癒が期待できます。

5年生存率で比較すると、一例として前立腺がんの場合、X線照射と一般的な化学療法による治療では約14%ですが、重粒子線治療では89%です。

抗がん剤については年間1,500万円の免疫チェックポイント阻害剤を使うか、保険適応の薬を使うか、何も使わず疼痛緩和に徹するという選択肢(自己決定権)があります。

現実的には薬も放射線治療も保険適応内の標準治療になり、先進医療特約や医療ローンが使えるとはいえ、選択の余地が十分に残されていないのが現状です。しかし、副作用と余命の違いを考えると、患者や家族の意思で先進医療の選択も考慮すべきでしょう。

ちなみに、加入している医療保険に先進医療特約を付加しても月額100~500円程度しか保険料は上がらず、2,000万円までの先進医療がカバーできます。

さいごに

確実に被爆する放射線治療を避けて粒子線治療を受けた場合、医療の質は全く異なります。粒子線治療では、陽子線治療よりも炭素イオンを使う重粒子線治療の効果が最も期待できます。抗がん剤は免疫チェックポイント阻害剤を使うかどうか?という選択も予後に大きく影響します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る