眼精疲労の症状でめまいが出たら要注意

めまい

最初ではVDT作業により、眼のかすみやピントが合わない、目の疲れを感じることなどから始まって、目の奥の痛みと頭痛を伴うようになり、次第に悪化していくものです。そこから眼精疲労が始まる場合もあり、元々眼の疾患を抱えている場合もあります。

スポンサードリンク



ー眼精疲労の症状ー

疲れ目は休息を取れば治る程度の軽い目の痛みで、放っておけば眼精疲労になり、頭痛や嘔吐を引き起こすほどの目の疲れからくる病気です。目の奥の痛みや肩こり、めまいなどもあり、なんとなく群発頭痛やら三叉神経痛に似たところもありますね。休息を取っても簡単に取れる疲れや痛みではありません。ドライアイや緑内障、白内障が症状であったり原因になることもあります。

ー眼精疲労を引き起こす要因ー

老眼や、白内障、緑内障、VDT作業、ピントの合わないメガネを使っているときなどで、モニターのピントが合わない場合は調節性眼精疲労といいます。近くのものを凝視することで起きるピント調節機能の低下によるもの、老眼による眼自体の機能低下によるものがあります。ソフトコンタクトに裸眼用の点眼薬を使っているときなどはかすみ目になりやすくなります。

目を冷やしたり温めたりしながら休ませることが必要です。疲れ目がひどい場合では眼精疲労と紙一重なので、目を酷使することはやめましょう。目を休ませる暇もなく同じ生活を続けると、次第に悪化していき不眠や吐き気などの自律神経に影響してきます。

この辺りになると簡単に治るものではないので、治療の必要があるレベルに達しています。眼精疲労から自律神経に失調を来して、精神疾患にまで発展することがあるので要注意です。

ー自律神経失調症という意味不明な症状ー

自律神経の不調や、自律神経のバランスが悪くなるというのは、率直に言うと原因不明に近いので、こういう表現になります。自律神経失調症も心気症も適応障害も心身症も似たようなもので原因不明です。

心因性眼精疲労があり、パソコンに向かっている者が環境や対人関係などによる精神的なストレスを日常的に感じていると自律神経に悪影響があります。そのためピント調整が困難になるので結果的に眼精疲労を起こします。

このとき、嘔吐や頭痛、目の痛みがあればストレスが原因ということになります。老眼の場合は、近くを見ようと水晶体を酷使することになるので、老眼鏡を使ってピントが合うようにすればそれほど目に負担はかかりません。

筋性眼精疲労の場合は、眼の周りの筋肉がマヒすると障害が眼球運動に及ぶため、視線を動かす時に異常に眼球周りの筋肉を使ってしまうというもので、眼精疲労を起こすまでの時間は早くなっています。症状として複視があります。

ー眼精疲労の対処法ー

ビタミンB群の中でもB1・B2・B12に効果があり、B1は末梢神経炎、筋肉痛、B2は目の充血、B6は網様体筋の調節機能回復、B12で末梢神経障害改善がありますが、欠乏症の場合はビタミンB群を摂取することで即効性があります。足りている場合は実感するほど効果はありませんが、目の疲れや目の奥の痛みは取れます。

ブルーベリーのアントシアニンなどが、目にいい植物性色素のフィトケミカルとして有名ですが、即効性がないので予防として使うのならいいかもしれません。目にいいと言われているビタミンAはこの場合は関係ありません。

ストレスが原因の場合は不眠や吐き気などの症状で判別がつくため、ベンゾジアゼピン系の安定剤の服用で楽になりますが、自分に合った薬を探すのに時間がかかります。ネットで何種類か試してみるのも悪くないと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る