飛蚊症とは? 症状の進行を遅らせる栄養素や食べ物など

目の病気

飛蚊症は硝子体の混濁や変形によって、見慣れない妙なものが網膜に映るために違和感や不快感を感じます。明るい空を見ると半透明の糸くずのようなものが浮かんでいたりして、気にならない人はいないと思います。硝子体の繊維が分離されて硝子体の中を漂っている状態であれば、まったく危険がないため慣れるしかないようです。次第に繊維の場所が移動して気にならない場所に移ることもあります。

スポンサードリンク



ー飛蚊症の分類ー

生理的飛蚊症と病理的飛蚊症がありますが、眼科で眼底検査を受けて生理的飛蚊症と診断された場合は安心できます。といっても、症状の進行次第で治療が必要になってくることもあるため、症状を見極めて危険なサインを見落とさないようにするのも大切です。

生理的飛蚊症と診断されても、浮遊物の数が増えてきたり大きくなってきた場合は、検査を受ける必要があります。高齢者の場合は硝子体の委縮によって後部硝子体剥離が起こる可能性が高く、年齢を問わず、硝子体剥離の際に網膜裂孔を引き起こすこともあります。

最初に違和感を感じたときに放置する人も多いようですが、眼科の診察を受けることが必要で、生理的飛蚊症の場合は症状が進行するとは限りませんが、進行予防のためにも薬の服用や食生活の改善などの指導を受けることも大切になってきます。

ー精神的ストレスの大きい病気ー

飛蚊症は人によっては相当なストレスを感じる人もいます。精神的ストレスが大きくなると焦燥感を通り越して自殺する人も多いようです。変なものが常に見えていると、精神的にも影響を受けるほどのダメージがあるのは理解できます。

耳鳴りも長期間続くと持続する騒音に精神的にダメージをくらい自殺する人もいます。離人症では現実感喪失による精神的苦痛は最悪で自殺率最高の症状です。群発頭痛は目の奥の神経圧迫から涙と鼻水とよだれをたらしながら痛みに耐える者もいれば、自殺する者も多くいます。

悪化しても生命に関わる病気ではなくても、自ら命を絶って楽になりたいと思うのでしょう。

しかし、一時的であっても・・・

・治らないと言われた高音域の耳鳴りはリドカインの点滴で消えます。
・離人症はアナフラニールの静注で治ります。
・群発頭痛にはイミグランの皮下注射や点鼻薬で発作時の痛みがひいていきます。
・飛蚊症が治らない根拠などありません。

眼科医によると飛蚊症は完全になくなってしまうことはないと言われていますが、治ることが絶対に無いということを証明することは不可能です。神の非存在の証明ができない限り神の存在は否定できない。という理屈と同じで、治ることを否定するほど難しいものはありません。逆に肯定は簡単です。治った人が一人いればいいわけです。iPS細胞やES細胞、P53遺伝子などの遺伝子治療の可能性に期待しましょう。

ー治らないと断言できない飛蚊症ー

眼科医は100%治らないと断言しているので、それをくつがえしてみましょう。硝子体はコラーゲンとヒアルロン酸が主成分ですが、飛蚊症が起きた原因は紫外線と活性酸素と遺伝的体質の中にあります。

子供のころに発病したのなら体質や素因を遺伝しています。次第に悪化していったとすれば外的要因になります。若い頃になかったものが加齢とともに出てきたのであれば、活性酸素の可能性が高くなります。

それで、網膜で作られている抗酸化剤があることはあまり知られていないかもしれませんが、メラトニンです。脂溶性と水溶性の両面を持っている神経伝達物質ですが、小腸や網膜で作られて脳の松果体でストックされます。10代後半あたりからその分泌量は減少していくため、脳や目に与える影響は大きいというのが定説です。

ー飛蚊症の進行を遅らせるホルモンー

メラトニンのレベル低下によって白内障も起きます。なので、外部から補給すれば問題解決ということになります。補充すれば当然、網膜にも届きます。水溶性の部分もあるので、硝子体にも溶け込んで抗酸化作用を発揮します。白内障や緑内障や飛蚊症を含めた目の病気には全て効果があるということになります。
DHAも脳血管関門を通過して網膜に届きます。EPAや他のn-3系脂肪酸は届きません。

以下の説も有力ですが、根拠は不明です。
アントシアニンとルテインは目の様々な病気に効果があると言われています。ロドプシンは光受容器細胞にあり、網膜で光受容器細胞と光の認識を行う。光に敏感で吸収しやすいため夜間視力に影響する物質として知られています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る