飛蚊症の原因と見え方、ストレスや加齢との関係

hakunaisyou

治療が必要な網膜に影響を与える飛蚊症や、放っておいても問題がない症状があるので、素人判断ができない飛蚊症ですが、代表的な疾患として、
#1.網膜剥離の前兆の症状がありますが、
#2.網膜に密着しているゲル状の硝子体の成分変化によって起きる場合と、
#3.加齢によって硝子体が網膜からはがれた時に見える場合の3種類があります。



スポンサードリンク



ー心配の必要がない生理的飛蚊症ー

ゲル状の硝子体といっても繊維質を含んでいるために、繊維の塊が分離することもあります。分離したものがひも状であったり、いろいろな形状をしているために網膜に投影されて違和感を感じます。加齢とともに起きる場合はほとんど気にしない人もいるほどです。

#2.の硝子体の成分変化の場合、眼科での検査や診察を受けると、硝子体の成分変化によるものは「生理的飛蚊症」に分類されて、ストレスや過労によるもので処置の必要がないと判断されることがあります。軽いものでは眼底検査で判明しないこともあります。また、年齢に関係なく起きるのがこの症状です。

眼をこすっても取れないため、患者としては気になる症状ですが、硝子体の代謝物扱いで処置の必要がないものです。本来なら酵素で分解されるので気にならない程度ですが、分解の速度が遅れると心配になってくることもあります。目の疲れを取ってリラックスしていれば次第に減っていって消えてしまいます。

飛蚊症で繊維が網膜に投影されてできる影は揺れているので、蚊が飛んでいるように表現されます。硝子体が濁ることによって起きることが最も多く、角膜の異常や白内障などの先駆症状として起きることはありません。

ー網膜損傷の注意信号ー

#3.の網膜から硝子体がはがれるものは、歳をとると水分が増えて粘度が低くなってくるため、硝子体の収縮に伴って網膜に接している硝子体膜がはがれやすくなります。これを後部硝子体剥離といいますが、高齢者とは限らず、近眼の女性の発症頻度が多くなっています。飛蚊症の原因として割と多いものです。

飛蚊症の原因として、後部硝子体剥離が最も多く見られて約65%、次いで網膜裂孔が約7%、裂孔から始まる網膜剥離が約3%、硝子体出血は割と少なく約3%、ぶどう膜炎が約1%となっています。残りは原因不明です。

ーすぐに治療の必要がある症状ー

#1.網膜から硝子体がはがれていくときに、硝子体の膜の一部が網膜を引っ張るために光を感じることがあります。この場合、網膜に損傷があると飛蚊症の症状は完全に消えることはないと言われているため、この時点で眼科での治療が必要になります。

頭をぶつけた時に「目からホシが出た」という表現をしますが、あの正体は光視症という症状で、網膜の一部が刺激を受けることによって視細胞を通しておこる、一時的な末梢性の症状(現象)です。飛蚊症の硝子体のはく離に伴う光も、この硝子体剥離が網膜からはがれる時に与える刺激と同じものです。

後部硝子体がはがれるだけでは加齢によるものであるため特に問題はなく、硝子体と網膜が癒着して常に引っ張られている状態であれば緊急手術になります。このまま放置しておくと網膜裂孔に至る危険があります。硝子体が網膜の一点を引っ張った場合に、網膜の出血が硝子体に溜まることがあり、視野の一点が黒くなることがあります。

飛蚊症の患者の1%程度に発症していると言われるぶどう膜炎。網膜の後ろにある脈絡膜と、水晶体・虹彩・毛様体がぶどう膜であり、細菌感染による炎症を起こした場合に硝子体の混濁や眼のかすみ、視力低下があり、症状は変動しやすいのが特徴です。原因の特定と治療を急ぐ必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る