動脈硬化の症状と改善方法 | 家庭医学の知識大百科「ヘルスカレッジ」~家族を大病から守るためのサイト~

動脈硬化の症状と改善方法

tounyou

脂質異常症や高血圧の影響によって動脈硬化などの血管障害は進行していきます。血圧が正常値でも常に血管に負荷がかかっているため、血管壁の内皮細胞の一酸化窒素不足で拡張しにくくなります。活性酸素のダメージを受けながらアテローム型動脈硬化に進行していき、血管内は狭くなり高血圧が同時に進行していきます。

スポンサードリンク



ー動脈硬化の原因ー

予防法としては血管を柔軟にするシトルリンの摂取が理想的ですが、動脈硬化が進行してしまった場合は悪化防止ということで現状維持になります。LDLに含まれるコレステロールや中性脂肪は血管壁を通過するほどのサイズなので、血管壁でプラークを作ることになります。血管壁にプラークができると、次第に血管内が狭くなるのですが、この段階で中性脂肪を下げれば血液の質も上がるので、動脈硬化の影響も減ってきます。

生活習慣や食生活を改善しない限り、プラークは次第に大きくなり血管を詰まりやすくします。これをアテローム型動脈硬化といい、このタイプが最も多くなっています。プラークとは隆起を意味しており、アテロームは粥状のことです。

プラークの内容物は主に中性脂肪とコレステロールですが、それを包んでいた膜のリポ蛋白も溜まっていきます。それが血流にのって飛んでいって血栓を作るのが問題となっています。血栓であれば溶かすことも可能ですが、脂肪塞栓の場合は面倒なことになります。

ーLDLとマクロファージが悪玉に変わるー

動脈硬化の初期症状がないのが面倒な点です。「最近、動脈が硬くなったなー。昨日は肺動脈が硬くて心臓から血液が流れてこないんだよ」とか、「俺なんか頸動脈が硬くて首が曲がらないし」いう話は聞いたことがないだけに、実感はないのでしょう。

メタボリックシンドロームの場合は、内臓脂肪が多いため脂質異常症と高血圧を同時に起こしている場合が多く、プラークを急速に増やすことがあるため、アテローム型動脈硬化も悪化しやすくなります。

さらに、LDLコレステロールは動脈壁に入り込む性質があり、そこでLDLコレステロールが酸化されると悪玉コレステロール(酸化LDL)に変化します。そこで集まってくるのがマクロファージで、LDLを分解しようとするが、脂質にまみれて身動きが取れなくなり血管壁に溜まっていき、さらにプラークを増やすことになってしまいます。

マクロファージのアポトーシス阻害によって動脈硬化が悪化するため、免疫細胞でもあるマクロファージは動脈硬化の場合は逆に悪い方に働きます。マクロファージが初期の動脈硬化に影響するとされ、結果的にプラークが大きくなるという研究結果もあります。

ー中性脂肪とコレステロールを減らすー

n-6系脂肪酸は凝固点の低いオレイン酸だけを使って、n-3系のDHAで中性脂肪を減らすことはできます。ただ、以下の計算式の通り、中性脂肪だけを減少させるとLDLコレステロールが増えることになります。

総コレステロールーHDLコレステロールー(中性脂肪÷5)=LDLコレステロール

中性脂肪とLDLの同時に両方を減らす方法としては、太っている場合に限り、とにかく脂肪酸やコレステロールを摂らないこと。サプリに頼らずに、軽い有酸素運動を毎日継続して行うことで基礎代謝が上がるため、問題は解消されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る