逆流性食道炎の原因と症状、食事の関係や治療薬

逆流性胃腸炎

逆流性食道炎は、食道のぜん動と下部食道括約筋や胃、十二指腸が関わって起きるものです。嘔吐体質や、心因性嘔吐、肥満による腹圧上昇も関係しています。ピロリ菌の除去により、一時的に逆流性食道炎が起きるとも言われています。

スポンサードリンク



ー胃酸過多と脂質の摂りすぎー

通常は食道のぜん動と下部食道括約筋によって胃液を下に押し出して、胃酸に弱い食道に入ってこないようになっています。そのため、胃の下部や十二指腸に胃酸が溜まることが多くなっています。食後2時間半で十二指腸を通過するため、その頃から痛みが増してきます。

胃酸が異常に分泌された場合、胃が内容物を十二指腸に押し込むよりも口から出す方が早いと判断すると、下部食道括約筋が緩んで胃の内容物が逆流しやすい状態になります。反射的に嘔吐という防衛本能の働きで、極端な内容物の逆流が起こり嘔吐します。胃酸が食道に留まらないように外部に出してしまいます。

また、脂肪分の多い食事によって十二指腸からコレシストキニンという消化管ホルモンが分泌されて、逆流しやすい状態を作ることもあります。食中毒や異物が入ってきたときに嘔吐によって対応しようとする防衛本能のようなものです。嘔吐を繰り返していると癖がついてしまい、内容物を外部に出そうとしますが、空腹の場合でも胃酸は分泌されているので、それも外部に出そうとします。

ーストレスによる心因性嘔吐ー

それを繰り返していると逆流性食道炎の起きやすい体質(嘔吐体質)になり、ストレスなどが原因となり心因性嘔吐も加わり、胃酸の分泌も増えてきます。ストレスを自覚していない場合は身体症状だけが前面に出てくることになり、嘔吐を繰り返すことになります。

吐き気だけの場合もあり、食道に胃酸が溜まった状態になると食道炎を起こしやすくなります。胃酸過多の場合にはストレスが関係してくることが多いため、精神症状を伴って心因性嘔吐を繰り返すことにもなります。

ピロリ菌が多いと、胃に炎症を起こして胃酸の分泌を抑えるため、逆流性食道炎は減少します。しかし、ピロリ菌の除去を行った後は胃酸が増えるため、一時的に逆流性食道炎が増えることがあります。

ー通常の症状と悪化ー

自覚症状としては胸焼けや胃痛などがあり、我慢できないほどの痛みになって初めて病院に行くというケースが多いようです。胸焼けが初期症状ですが、食道に胃酸が溜まっている状態を繰り返すことで、びらんや潰瘍ができることがあります。

胃壁の表面に腫瘍やガンが出来ることはなく、胃粘膜の下に腫瘍やポリープの形で潜んでいます。胃の悪性腫瘍の場合、95%が胃癌と診断されます。

逆流性食道炎の場合は喉の炎症による痛みや、声がかすれることもあります。稀に気管支に影響を受けて咳が出ることもあります。胃酸が多い場合は食道炎だけでなく胃の下部にも溜まっている可能性が高いので注意が必要です。

ー主に処方される薬ー

消化器科を受診した場合は、最初は対症療法としてプロトンポンプ阻害剤(PPI)として、タケプロン30mg※1などが処方されます。または、プロトンポンプ阻害剤(タケプロン15mg)とH2ブロッカー(ガスター20mg)の組み合わせ※2で処方されることもあります。

他にもセルベックス(胃粘膜防御因子増強剤)、ムコスタ(胃粘膜の血流改善・消炎)があります。

※1 病院によって薬を売り込む業者が違うために、PPIはタケプロンではなく、ネキシウムやオメプラールの場合もあります。消化器科以外では15mgが処方限度になっています。
※2消化器科以外ではこの組み合わせの処方はできないので、薬剤師が医師に確認する場合があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る