階段などで急に膝が痛む痛風

kaidan

痛風発作の98%は男性に発症すると言われ、40代~50代の発症が多くなっていますが、最近ではハードな運動をしている若年層にも増えてきています。また、エストロゲンの分泌減少とともに女性の罹患率が増えるために、40代では男女の性差が少なくなります。遺伝的要因と食生活や腎臓への負担などが原因として挙げられますが、予防法のない病気であるため、定期的に検査を受けて尿酸値を把握しておくことが必要です。

スポンサードリンク



ー階段で痛風が起きる原因ー

腎機能低下や尿酸排泄が正常に行われない場合、血中尿酸値が上がります。血中尿酸値が7mg/dL~8mg/dLを超えた状態が持続すると、間接包に老廃物でもある尿酸が溜まって針状結晶が沈着します。そして一時的に尿酸値が下がった場合などに沈着した結晶がはがれ落ちます。

その時に集まってきた白血球やマクロファージやサイトカインによる炎症で痛風発作が起こるというメカニズムですが、振動によって痛風発作が起こる場合があります。

階段の昇り降りをしている時の振動や、肥満などで足に負担がかかった時に激痛を伴った痛みが起こる場合もあります。その時は足に負担をかける運動を避けて患部を冷やしながら安静にするべきです。慢性ではない場合に患部を温めると痛みは悪化します。関節包で溶解が進むと更に白血球とマクロファージが集まるために、痛みはひどくなります。

ー痛風発作の対処法ー

痛風発作が起きている時の民間療法は危険とされています。プリン体の過剰摂取が悪影響を及ぼすとも言われていますが、必ずしも発症を抑えるとは限らないという説もあります。また薬によって尿酸値を下げると痛風発作は起こりにくくなるものの、原因となる腎疾患がわからなくなるために意味がないとも言われていました。

現在では、尿酸値を下げて痛風発作を減らすことで、痛風発作の慢性化を防ぐという意味では薬を使う方が有意であるとされて、尿酸値を薬で下げるのが主流になっています。

従来から使われてきたアロプリノール以来、2011年に40年ぶりに痛風の薬として、フェブリク(一般名:フェブキソスタット)が発売されました。高尿酸血症の治療薬として、従来のアロプリノールには投与量の制限がありましたが、新薬の方は腎臓に負担を与えないため中程度の腎障害がある場合でも投与量の制限はありません。

通常10mgから開始しますが、軽度~中程度の高尿酸血症の場合、従来のアロプリノールで下がらない尿酸値を正常値に下げることが確認されています。

ー痛風発作の防止方法ー

適度な運動と水分を多めにとる。アルカリ性の野菜が尿酸を中和して分解するため、アルカリ性食品を摂取することも有益だとされています。過度なアルコール摂取を控えて適度な摂取にする。生活習慣病を改善して肥満を予防する。ストレスも影響してくるため、ストレス耐性をつけることも必要になります。

尿酸値を定期的に測定して、許容範囲を超えていれば尿酸降下剤を服用して正常値を保持することは、予防法としては重要です。正常値の範囲であれば痛風発作は起きません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る