変形性膝関節症のリハビリと運動療法

hizarihabiri

変形性関節症は加齢と供にすべての関節に生じますが、最も負担の大きい足に影響が出やすくなります。40~50代の女性に多く、エストロゲンの低下による骨密度の低下も一つの原因として考えられます。筋力の衰えにより関節への負担が増えることや、肥満によっても膝関節に悪影響を与えることも大きな原因です。先天的なO脚なども関係します。

スポンサードリンク



ー変形性膝関節症の発症と原因ー

膝関節の内側の軟骨が圧迫されるため慢性になると軟骨が消失します。そして、滑膜の刺激を受けて炎症が伝達されます。軟骨の代謝異常があると主に内側に関節が曲がる変形性膝関節症となり、体のバランスが取りにくくなります。痛みを我慢して歩くなどの負担をかけ続けると、滑膜内の軟骨が減ってしまい、骨同士が接触すると激痛を引き起こします。

ある程度筋力があり、肥満体型ではない場合は発症するリスクは少ないので、股関節の簡単なストレッチで予防できます。しかし、先天性股関節脱臼やO脚の場合は特に起こりやすく、他にも更年期になって骨密度が減少しているにも関わらず、足を使う運動が増えたり健康のために歩こうと無理をしたときによく起きるものです。

膝関節に負担がかかるために股関節の柔軟性が失われると、膝関節にある2つの骨の先端にある滑膜内の軟骨の負荷のかかる方が削れ始めます。これが変形性膝関節症の始まりです。

ーリハビリを始めるタイミングー

ある程度の自覚症状があるので、股関節や膝関節の可動範囲が広い内に始めることが望ましいとされています。一度軟骨が削れると元には戻らないため、軽い痛みだからと油断はできません。

初期の場合は休んでいる時間が長いほど悪化を遅らせることができますが、筋力が減っていくと運動をしたときに関節の悪化は早くなります。痛みに関係なく関節内で変形が起きているので、取り返しがつかなくなる前に早めにリハビリを始めましょう。

運動療法は専門家の指示で行うことが望ましいのですが、それが無理な人は漠然とした効果のわからない運動を続けることは困難でもあり、モチベーションがない状態で運動を続けることは不可能です。しかし、運動をしないで放置した場合にどうなるか?ということを知れば、家の中で寝転んでいる余裕はないかもしれません。

立ち上がると膝に激痛が起こるため、痛み止めとして準麻薬系のトラムセットを服用すると痛みはなくなるものの、精神状態に異常をきたすこともあります。リリカを服用するとふらついて歩けません。足の可動範囲がなくなって関節が固まるため、歩くことさえできなくなります。

ー具体的な運動療法などー

主に股関節のストレッチと柔軟度を増す運動が必要で、太腿の前の筋肉と膝関節周りの筋力増強、腱の強化も有効です。足の筋肉をつけることで骨や関節にかかる負担を減らすことができるため、筋トレは欠かせないものになっています。

自己判断でひたすら歩くだけの運動でも、それが過ぎると膝に負担がかかるため逆効果になります。肥満気味でも膝にかかる負担は大きくなります。軽い運動を兼ねて食生活の改善が優先される場合もあります。

変形性膝関節症の症状に対して薬でなんとかしようと思う人がいるかもしれません。サプリを飲みながら、なんとなく膝関節が動きやすくなったと満足するかもしれません。グルコサミンに効果が無いことが明らかになりましたが、合成ヒアルロナン(ヒアルロン酸類似物質)を膝関節に注射すると、最長で1年近くの間、痛みの軽減を図ることができます。コンドロイチン硫酸ナトリウムは痛みを和らげるために有効とされています。

ただ、これは膝関節の痛みの軽減だけが目的なので、原因が無くならないだけでなく筋力が低下していきます。膝の周りに筋肉をつけることで関節の負担を減らすことが目的なので、痛みの軽減は最終手段と考えましょう。

痛みが起きない範囲で、毎日の歩行に加えて、自宅での股関節のストレッチと柔軟運動と足の筋力アップを欠かさず持続することによって、関節の新陳代謝を促して、関節包の不純物を含んだ古い関節液の排出により膝の水が溜まらなくなり、軟骨の再生が期待できます。運動をすることで体重の減少により生活習慣病の回避と、関節を意識することもなく普通に運動ができるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る