子供の中耳炎と夜間の耳ダレに注意

miminari

鼻をつまんだまま息を鼻から吐こうとすると耳に圧力がかかりますが、その空気の通り道が耳管です。中耳は鼓膜の内側にある器官で、耳管を通して鼻につながっています。子供の中耳炎の原因として、耳管が短いため鼻炎や上気道炎の細菌感染から耳管を経由して中耳炎を起こすことがあります。原因菌としてウィルスや細菌がありますが、肺炎球菌に感染した場合は急性中耳炎となり、できる限り早期の治療が必要になります。

スポンサードリンク



ー子供の中耳炎の原因と症状ー

鼻と中耳は耳管でつながっているため、風邪を引いたときなどにくしゃみや咳をしたり、鼻水をすすったときに通常は閉じている耳管に空気が入ります。その時に鼻から細菌に感染している鼻水が入ってしまうことがあります。多く見られるものは急性中耳炎で、原因としては風邪の細菌でもあるインフルエンザ菌が小児の大半を占めて、6歳以上では連鎖球菌や肺炎球菌があります。

特に6か月から5歳の子供に多い中耳炎なので、意思表示ができない乳児の場合は特に気を付けましょう。耳管が短くて太く水平に近い構造が影響して、鼻や喉に感染症があると細菌が中耳に届きやすくなっています。中耳は感染症を起こしやすい場所なので、その形状次第で何度も繰り返すことがあり、反復性中耳炎を起こすこともあります。

子供が風邪をひいたときは耳の違和感がないか様子を見ることも必要です。子供の機嫌を見るのももちろんですが、夜間の就寝中に耳を見てあげることも大切です。初期の段階で判っていれば処置は簡単なので、抗生物質の内服で長くても1週間~10日ほどで完治します。

-子供の中耳炎と治療ー

耳の外部から感染して中耳炎になることはありません。急性中耳炎の悪化によって化膿して膿が溜まった場合は鼓膜が赤く腫れ上がって黄色い膿が見えます。膿が溜まって痛みが酷いときや、鼓膜が腫れて高熱が何日も続いている場合は鼓膜を切開して膿を出します。切開後は数日で鼓膜は元に戻ります。

副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎などの鼻の疾患の場合に、滲出性中耳炎(鼓膜の内側の中耳に滲出液が溜まる)になることがあります。逆に耳管が正常に機能しないで、鼻へ流れなかったときに起きるため、鼻炎や副鼻腔炎の治療が優先される場合もあります。

鼓膜の内側が滲出液で満たされていると聴力が低下します。この場合は鼻の方から治していき、悪化させる原因になるものを除去したあとに鼓膜を切開して、中空の鼓膜チューブを鼓膜に固定させておくと、中耳側の負圧で流れにくくなっていた滲出液が自然に除去されていきます。しかし、治療には長い期間を要するため、患者の通院と長期の服薬の負担が大きなものになります。

ー夜間の痛みの処置ー

中耳炎の場合、横になって寝ている時に耳管を通って中耳に細菌が流れていくことがあります。腫れてくると鼓膜に圧力がかかって激痛が起きることがあります。鼓膜に穴が開くと耳垂れがありますが、圧力の軽減により痛みは治まります。耳垂れが無い場合は痛みが治まらないので夜間でも病院に連れていきましょう。

自宅では立たせるか座らせることで鼻粘膜の異常な血管拡張を軽減できるため、抗ヒスタミン剤と血管収縮剤の点鼻薬を使うことで、次第に患部の痛みは治まってきます。点鼻薬が無い場合は市販の鼻炎薬と鎮痛剤を飲ませたうえで、座らせたまま患部を冷水で冷やすことで痛みは楽になります。これでも痛みが持続するときは夜間の救急外来に行っても構わないですが、無駄足になる可能性は高いです。

できれば、その翌日の日中に耳鼻咽喉科を受診して、切開による膿の排出のあとに、鼻と副鼻腔、耳管、中耳をまとめて処置をしてもらいましょう。点鼻薬(抗ヒスタミン剤・血管収縮剤)、点耳薬(抗生物質)、内服薬(鼻炎の合剤・消炎鎮痛剤・ステロイドなど)は多めに出してもらい、夜間の対処法を医師に確認しておく必要もあります。上記の薬は市販薬でもいいのですが、排膿だけは漢方薬でも効果があります。

抗生物質やステロイドの点鼻薬を鼻に入れたあとは、痛む側面を下にして抗生物質が耳に流れるような向きで寝かせます。鼻と耳の感染や炎症を抑えて楽になるはずです。まだ痛みが持続している時はアセトアミノフェンを服用させるか座薬を使ってください。

膿を体内に吸収させるためには漢方薬を使うのが最も効果的です。「排膿散及湯」というものがドラッグストアや通販でも扱われています。漢方にしては珍しく即効性のある排膿と化膿止めを兼ねたものです。鼓膜の切開や通院の必要がなくなるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る