歯周病の症状と口臭の原因

478df7b2a864560bf5beea2bd175443d_m

歯周疾患として、歯茎の炎症では歯肉炎や歯周炎があり、歯周組織に起こる疾患を総称して歯周病といいます。口臭の原因は歯周病だけではなく、呼吸器系、消化器系、咽頭系、副鼻腔、糖尿病などでも独特の匂いを発することがありますが、自ら改善できる器官といえば口腔内に限られるため、歯周病が口臭改善のケア商品のターゲットにされています。

スポンサードリンク



ーそもそも口臭とはなに?ー

国民の80%に歯周病があるという統計から、歯科が口臭外来を設置するところも増えてきました。口臭とは口腔内がアルカリ性の場合に舌苔で作られる揮発性硫黄化合物のことです。口腔内の口臭の原因による硫化水素が原因で歯周病になり、メチルメルカプタンとジメチルスルフィドの3種類の硫黄化合物が口臭の原因となっています。

硫化水素はタマゴの腐った匂いと言われますが、濃度が上がると生命の危機に陥ります。吸い続けると緑の○体が出来上がりますが、更に濃度が上がると即○します。緑になることはありません。そのようなものが歯周病の原因になっています。ただ、硫黄を含んだ温泉に希塩酸を混ぜても硫化水素H2Sは発生しません。温泉のタマゴの腐ったような匂いは薄い硫化水素で、観光地では致死量に達することはありませんが、高濃度の場合は匂いがないため気付かずに温泉付近で中毒死することが稀にあります。

メルカプタンで思い出す人がいるかもしれませんが、トイレの消臭剤がメルカプタンの匂いを消すというCMもありました。要するにう○ちの匂いの成分で、便以外にも、屁、脳、血液にも含まれています。

ジメチルスルフィドは、海苔の香りともいいますが、磯臭いとも表現されます。玉ねぎの腐ったような匂いは都市ガス用に付臭剤として使われています。この付臭剤の濃度を上げるとう○ちの匂いになります。更に濃度が高いと爆発します(爆)

ー歯周病の症状と原因ー

治療を受けようと口腔外科で診察を受けた人の機械的な測定(硫黄の化合物を検出する半導体ガスセンサー)を行った結果、口臭があった患者は3分の1以下で、その90%が歯周病だったという結果もあります。心配するほど臭くはないという結論でしょうが、歯周病があれば口臭があるということになります。

残りの10%の原因は何かというと、副鼻腔炎の有機物が焦げた匂い、肝機能障害のアンモニア臭、糖尿病のアセトンの匂い、腎機能障害では魚の腐った匂いなど、口臭で診断がつく病気もあります。

舌苔で発生した低濃度の硫化水素が歯周病の原因ということで、舌のケアが必要です。変わった形状のブラシで舌苔を除去するものが売られています。舌フレッシュというもので1日1回の使用で済みます。他にも唾液腺の刺激により、殺菌作用のある唾液の分泌を行うことで、歯周病の予防や口臭の原因予防を兼ねることができます。

歯周病菌が薄い層を作ってフィルムのように歯の表面を覆っていることもあります。これの除去は歯磨きでは難しく、放置しておけば糖尿病の原因になるとも言われています。舌のケアと併せて、バイオフィルムの除去や歯石除去などで歯周病の予防・治療を行うことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る