大人の手足口病と感染症状

sinryou

エンテロウィルス属コクサッキーウィルスA16の感染症で、HFMD(Hand,Foot and mouse Disease)とも言います。エンテロウィルス71型によっても感染しますが、大半がコクサッキーA16です。通常は5歳以下の子供に感染しますが、大人の感染源としては子供の咽頭のウィルスや便からの飛沫感染や、口からの接触感染を起こすことが多くなっています。便からの感染では、飛沫が飛んでいないように見えても微量のウィルスが飛んでいるため、経口感染を起こすことがあります。

スポンサードリンク



ー共通した症状・感染経路ー

エンテロウィルスに分類されるコクサッキーウィルスA群、B群が引き起こす感染症として、手足口病、ヘルパンギーナ、無菌性髄膜炎、発疹、結膜炎、髄膜炎前後の頭痛・発熱などがあり、病名が異なる場合でも共通する部分が多くなっています。

コクサッキーA群、B群の感染症の共通点
・痒みのない水疱性発疹から始まって髄膜炎に至る場合もある。
・小児に多い感染症であり、飛沫による経口感染や接触感染を起こす。
・潜伏期間ののちに発病して発熱があり、頭痛を伴うことがある。
・治癒した後でも一定期間は感染のリスクがある。
・治療法がなく対症療法に限られるが、一定の期間を経て治癒する。
・口内炎と咽頭痛・咽頭炎

ー手足口病の特徴ー

水疱により喉の炎症を起こすので、ヘルパンギーナ(Herpangina:水疱と喉の炎症の意味)と区別する必要があるのか疑問ですが、基本的な症状はHerpanginaで、水疱と喉の炎症による口内炎と咽頭痛と頭痛・発熱があります。経過もヘルパンギーナとほとんど同じです。その他に倦怠感や関節痛、悪寒などがあります。

手足口病に特有の症状としては、比較的熱が低く手足にも発疹が広がります。この2つの病気は初期では区別が難しい感染症となっています。しかし、手足口病とヘルパンギーナを併発することも稀にあるので一応区別しておきます。感染するウィルスとしてはヘルパンギーナがコクサッキーA群やエンテロウィルスであり、手足口病はコクサッキーA16に限定されるという違いがあります。

感染から3~5日の潜伏期間を経て発病します。口内や手足に水疱性の発疹が現れるとともに咽頭痛があり、発熱を起こすこともあります。夏風邪でもあり、7月から8月にかけて最も多くなっています。10月から5月にかけてほとんど感染者がいないのが特徴です。

ー大人が感染した場合の症状ー

大人が感染して発病すると子供より重症になるのがウィルス性感染症の特徴です。ウィルスに大人が感染しても基礎疾患や免疫力の低下がなければ発病することはなく、もし発病した場合は免疫力の低下により、どの病気でも悪化しやすい状態になっているので当然ともいえます。

手足口病のワクチン接種が行われていないので、子供も大人も感染する病気ということですが、体重の重い大人が発病するためにはウィルスの感染力と潜伏期間に体内で増殖する速さもそれなりに必要で、それが重症化の一因になるかもしれません。口内で感染を起こすため咽頭炎や咽頭痛、頭痛、発熱などは子供と比較して症状が酷くなります。

有効な治療法がないため、対症療法になります。予防法としてアルコールや塩素などによる手の殺菌と、ポビドンヨードによる口内の殺菌とうがいもある程度の予防になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る