脳梗塞による片麻痺の改善と、足のむくみ防止

sinryou

脳梗塞の場合は麻痺による運動不足から浮腫が起きることが多くなっていますが、脳梗塞による神経障害性の浮腫もあり、血管神経性浮腫と言われています。麻痺があれば運動をする気分ではないかと思いますが、その結果として足の浮腫が出るまで放置しないで、それなりの対処をすべきです。脳梗塞には早めの民間療法が効果的です。

スポンサードリンク



ー脳梗塞で入院した場合ー

脳梗塞の場合は両足が麻痺することはありません。塞栓が右脳にできるか左脳にできるかのどちらかなので、片麻痺を起こします。脳梗塞を起こして入院治療を行っている場合では、血栓溶解剤を使った後にワルファリンで再発予防をします。それでも血栓が除去できない場合はバルーンを使って血管壁からそぎ落とすことになりますが、高齢者のもろい血管ではその治療が不可能な場合が多くなっています。そして片麻痺の治癒が期待できない状態になり、運動不足から足のむくみも悪化していくため、利尿剤を使うことになります。

プラークが飛んだ場合は血栓を溶解しても再発します。全身の血管に中性脂肪とLDLコレステロールが溜まっているので、中性脂肪を分解するフィブラート系の薬で、血中の中性脂肪はある程度減るものの、血管壁に中性脂肪とLDLコレステロールが残っています。LDLは小さいために血管壁に潜り込むという面倒なものです。血液検査で正常なレベルでも血管壁に潜んでいるので安心できません。リハビリを行っている途中に脳梗塞が再発ということも考えられます。

軽い脳梗塞と片麻痺の場合は、入院が長引くほど今後を悲観してうつ病を発症することもあります。外科医は精神面まで関与しないので、ケアはありません。そして、脳梗塞の場合は神経内科の病棟に入院することになります。精神科医は脳梗塞の患者を診ることはありません。日本の医療機関は連携して治療を行うということができないため、脳神経外科と神経内科と精神科は関わりを持ちません。要するに入院治療の場合は適切な治療ができないという結論になります。

ー浮腫の前に民間療法に期待!ー

片麻痺になると足の筋肉が委縮するために静脈の血行が悪くなり、浮腫が出るのは間違いありませんが、その前にできる事があります。昔から受け継がれてきた生活の知恵として、特に老人が行うものがあります。熊笹や松の葉を搾った液体を飲ませるだけ。一部の老人しか実践できないと思いますが、脳梗塞になってろれつが回らないとか片麻痺を起こしたときなどに、民間療法として行われているものです。脳梗塞を起こして24時間以内にその民間療法を始めれば、遅くとも1週間以内に脳梗塞は治ります。

初期の脳梗塞であれば当日に治るという民間療法の方が医療機関よりはるかに優れています。「片半身が動かなくなった」と言われたら、処方薬として「ロトリガ」があり、中性脂肪を減らす効果がありますが、急を要するためにドラッグストアのDHAの服用で治ります。DHAはロトリガよりは劣りますが、DHAと同じ成分です。EPAは脳血管を通らないので効果はありません。

民間療法を行いながら、できるだけ早めに病院に行くと然るべき処置と薬を処方してもらえます。脳梗塞の場合、無駄な薬は出ないと思います。脳代謝改善剤などが処方されるはずですが、脳梗塞を起こす前より思考力や記憶力の増強が期待できます。その後はアスピリンを1日20mgほど服用すれば予防効果が期待できます。「足のむくみも未然に防げる」ということになります。

その前に、中性脂肪値が多いと思えばDHAをサプリとして服用して、アスピリンを血栓予防として飲んでいれば脳梗塞は起きません。「αGヘスペリジン」というレモンの成分から作ったサプリでは、毛細血管の強化と中性脂肪の低下が期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る