外耳炎の原因と症状、大人に多い原因

mimi

外耳とは鼓膜から外側の外耳道の部分を指します。原因としてはアレルギー性の炎症からブドウ球菌などの細菌性のものまで幅広くありますが、最も多いのが耳垢を取ろうと耳かきで傷をつけたのちに炎症を起こすと、炎症だけに留まらず細菌感染しやすい状態になります。耳鼻科で外耳の耳垢を除去して清潔に保つ必要があります。その後は耳かきを使わず、人差し指が届く範囲だけを清潔に保っていれば問題ありません。

スポンサードリンク



ー最も多い外耳炎の原因と治療ー

症状としては外耳の痛みや、感染症による炎症や化膿によって膿が出てくることがあり、匂うこともあります。細菌感染症としての原因菌は緑膿菌、黄色ブドウ球菌、大腸菌などが考えられます。炎症がひどくなるとかゆみと痛みを伴いますが、綿棒で耳垢を取ろうとすると、外耳道に傷が付いたり耳垢を鼓膜の方に押し込んでしまうことがあります。その際は無理をせずに耳鼻科で洗浄してもらいましょう。耳垢取りも保険適応範囲なので、堂々と耳鼻科に赴いて洗浄してもらうとクリアに聞こえるようになります。

それだけでなく、炎症があるときはステロイドの点耳薬も処方されて1週間ほど点耳を続けるとほとんどの場合は治癒します。炎症が重度の場合は外耳道も狭くなっているので、点耳薬が届かないことがあります。その場合はガーゼを耳に入れたまま24時間以上その状態を維持してステロイドと抗生物質を1日に数回ほど追加してガーゼにしみ込ませます。炎症が治まってくると外耳道への点耳薬の使用が可能になります。

外耳炎の影響が内耳に至らないうちに適切な治療を行えば面倒なことにならなくて済みます。

ー外耳に閉塞が起きた場合の対処法ー

耳垢によって外耳道を塞いだままにしておくと、閉塞が起きて聞こえが悪くなります(伝搬難聴)。長期間そのままにしておくと耳垢塞栓が起きる可能性は十分にあります。予防としては、「エチルアルコールと酢」を同量混ぜたものを耳に入れる事でpHを酸性にするので耳垢予防になります。酢は食用のものを使ってください。誤って酢酸を入れるとほのかな柑橘系の香りのエステルと酢酸の悪臭が入り混じって匂いが漂います。酢酸の場合は2%の水溶液で十分です。

耳鼻科に行けば耳垢溶解剤を使ったあとに洗浄を行いますが、耳垢溶解剤を常備薬として家庭に置いていることは少ないので、グリセリンと重曹を流し込むと耳垢は柔らかくなってグリセリンと共に排出されます。というのは民間療法に近いので、頻繁に詰まりやすい体質の人は耳垢溶解剤を処方してもらいましょう。保険適応のところもあれば自費扱いの耳鼻科もありますが処方薬となっています。

一部の耳鼻科では耳垢溶解剤を自作しているようなので、正統派らしく(グリセリン、トリエタノールアミン、カルパミド過酸化物、過酸化水素)であれば効果は100%ありますが、一般家庭で作るのは難しいでしょう。グリセリンと重曹を1:1で混合したものを流し込むと耳垢を溶解しますが、自己責任でよろしくお願いします。耳垢が取れたあとは抗菌剤の点耳もお忘れなく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る