治療の必要がない不整脈から生命に係わる不整脈まで

sinzou

不整脈とは、速すぎる頻脈や遅すぎる除脈を含み、心臓に異常な電気刺激が送られることで起きる規則的、または不規則な心拍です。治療の必要のない不整脈から命に係わる不整脈もありますが、症状がひどいからといって治療の必要があるとは限りません。逆に症状が軽いから安心できるというものでもありません。一定間隔の規則的な不整脈は、多くの場合治療の必要はありません。不整脈を起こした場所によって対処は異なりますが、心房の異常は治療の必要があるとは限りません。

スポンサードリンク



ー不整脈のメカニズムと種類-

心臓の心房と心室は、心臓自らが出す電気的な信号を受けて、規則正しい動きを続けています。心臓上部の洞結節で発生した電気信号は房室結節に伝わります。伝導路を伝わって心房と心室の心膜全体に伝わることで、周期的な心室と心房の収縮が起こります。この電気の伝導が何らかの影響を受けて規則性を失った時に不整脈が起こります。

心疾患が原因であったり、ストレスによる自律神経の失調や血中の神経伝達物質が原因になる場合があります。不整脈を大きく分類すると、心拍が早くなる頻脈、除脈、期外収縮がありますが、心臓の基礎疾患がなければ、命にかかわるようなケースはほとんどありません。

ー治療の必要がない不整脈とは?-

過度な心配によって不安感を引き起こして、不整脈が起きることがあります。循環器科で心電図を取ってもらった上で治療の必要がないと診断してもらえば、不安によって起きた不整脈は治ります。心疾患に関しては遺伝性の要素も大きいので、両親のどちらかに心疾患があった場合は、不安解消のためにも心電図の検査を受けることをお薦めします。

不整脈の中には致命的なものもありますが、まったく心配のいらない不整脈がほとんどです。心電図に問題がなければ、定期的な不整脈があっても抗不整脈薬などの治療が行われることはありません。薬を使うと逆に新たな不整脈を起こす場合もあるので、この場合の治療としては、肥満の解消や毎日の軽度な運動を含めた生活習慣の改善が主になります。

治療が必要ないと判断された場合でも、動悸がひどくて心臓が止まるのではないかと気になる事もあります。そういう時は、軽い精神安定剤のジアゼパムを循環器科で処方してもらうと、動悸を抑えて不安感もなくなります。

脈が飛んだり抜けたりする期外収縮でも、必ずしも治療の必要があるわけではなく、不安になるほど自律神経に影響を与えて交感神経を刺激すると心拍数が上がります。頻脈や除脈など脈拍に関しては自律神経の影響を受けますが、心臓は単体で機能を果たしているので、脳の状態とは関係のない独立した臓器です。

ー致命的な不整脈とは?-

心房細動の場合は心臓の基礎疾患があれば血栓ができることがあります。2日以上続くと血栓が飛んで梗塞を起こす危険性があるので、血栓防止剤のワルファリンが使われます。心房細動は電気信号を失い、多い場合は毎分1,000回以上の細動を起こすため、それが心室にも影響を与えると危険性が増してきます。

心室性不整脈の場合、心室性期外収縮だけでは治療の必要はありませんが、それが心室頻脈や心室細動を起こすことがあり、危険な状態へと変わっていきます。心室細動とは細かい動きだけで血液の拍出がほとんど得られないという状態です。原因としては電解質異常があり、血中カリウム濃度が2mmol/ccを超えると心停止に至ります。

心室細動が起きると心停止に至るまでの時間は短く救急車の到着を待つ余裕などありません。除細動器(AED)は一刻も早く不整脈を正常な状態に戻して、心停止の時間を最小限に抑えるために設置されています。不整脈が原因で心停止に至ると、1分経過する毎に生存率は7~10%低下します。

その時間短縮のために、埋め込み型の不整脈向け除細動器(ICD)があります。ペースメーカーは除脈性不整脈の時に使用されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る