脊柱管狭窄症と、特有の症状である間歇性跛行とは?

koshi

脊椎の中には神経束が通っています。神経束は枝分かれして主に四肢の神経へと延びています。その神経束を保護している骨が脊柱管ですが、それが加齢とともに狭くなっていくと神経束に触れることがあります。触れた神経根の場所によって痛みが出てくる部位が異なってきますが、触れた場所が痛むのではなく、触れた神経の枝分かれしている末端が痛みます。腰椎と頸椎の場合は四肢に痛みやしびれが出てくるので自覚症状としても他覚症状としても判りやすい症状が特徴です。

スポンサードリンク



ー腰部脊椎間狭窄症と痛みが起きる場所ー

腰部脊柱管狭窄症の症状としては、一般的にどちらか片側の太腿からふくらはぎの下部にわたって痛みが起きます。神経が圧迫されている腰部に痛みが起きることはほとんどありません。立っている状態や歩いているだけでも痛みは酷くなっていきます。神経の痛みによって足の筋肉に力が入らない状態になります。

症状として坐骨神経痛もありますが、ほとんどの場合、間歇性跛行が起きるのが特徴的で、患者の訴える症状とMRIによる画像検査や皮膚の委縮や血管造影などの検査で判明します。

画像検査だけでは診断できないという整形外科医もいますが、脊椎専門医が診れば、何度かMRIを撮り直すことで痛みが起きる場所を特定することができます。

ー間欠性跛行と手術の必要性ー

腰部脊柱管狭窄症に特有の間歇性跛行とは、疲労の程度によって距離は変わってきますが、ある程度の距離を歩くと足が動かなくなるというものです。しばらく休むと再び歩けるようになりますが、また歩けなくなるということを繰り返すため間欠性跛行という症状名がつけられています。

歩ける間隔は数キロであったり、極度に疲れていると一歩も足が前に出ないこともあります。常に数キロ歩ける場合は日常生活に支障がないと判断されて手術は行われません。

手術後の後遺症として、過去に経験したことがない腰痛が出てくることがあります。脊椎に付いている靭帯を削ってしまうとリハビリを行っても腰痛は治ることがないので、手術のリスクを知った上で同意書を書くべきです。

ー頸椎、その他の脊柱管狭窄症の場合ー

頸椎に脊椎間狭窄症が起きた場合は腕の痛みが出てきます。頸椎の手術はリスクが大きいので、日常生活に与える支障の程度により患者として迷うところですが、その前に痛みをコントロールする薬物療法や神経ブロックが行われるのが一般的です。神経ブロックが有効であったり、まったく効果がないという患者もいます。

薬物療法として、軽症の場合はノイロトロピンの服用や筋肉注射に効果があります。中程度から重症の場合は弱麻薬系のオピオイドやプレガバリン(リリカ)などの神経障害性疼痛の薬や末梢血管拡張剤のオパルモンが処方されます。痛みはほとんど感じない程度になりますが、副作用がひどいと日常生活も危うい状態になる事があります。

この脊柱管狭窄症が頸椎・胸椎・腰椎の2か所以上に起きると、「広範囲脊柱管狭窄症」として難病指定を受ける場合もあり、公費対象となり、医療費の助成を受けることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る