若い女性に多い顎関節症とは? 

ago

最近では20代~30代の女性に多いと言われている顎関節症(がくかんせつしょう)です。この症状の特徴的なものとしては、あごを動かす時に関節で音がする、食事を咀嚼しているときにあごが痛むなどがあります。原因としては噛み合わせが考えられていましたが、実際は歯ぎしりや頬杖、咀嚼力の弱さと関節の弱さも関係してるという説もあります。ストレスによって歯を食いしばる・歯ぎしりをするという原因が有力になってきています。

スポンサードリンク



ー低年齢化する顎関節症ー

はっきりとした原因が特定できていない顎関節症ですが、男性に比べて女性のあごの関節の弱さが原因の一つとなっています。小顔がブームでもあり、食べるものが柔らかくなってきたこともあり、顎関節と顎の筋肉も昔に比べると弱くなっています。それに加えて、子供から成人女性まで顎の靭帯が弱く顎関節がずれやすいという傾向にあるようです。

最近ではさらに低年齢化して小学生や中学生にみられる症状で、口が開けにくい・咀嚼すると顎が痛む・歯ぎしり・ストレス・頬杖をつく癖・頬杖をついてテレビを見る習慣なども原因となって顎関節がずれやすくなっています。10代中頃の場合は歯を含めて成人の骨格に形成する時期でもあり、思春期のストレスや女性ホルモンも何らかの影響があると言われています。

成人になると社会生活から受けるストレスが原因で顎関節の異常が日常生活に支障をきたすことがあるため、20代~30代の女性が治療を受けることが最も多くなっています。ストレスが原因の場合は、主に睡眠中の歯ぎしりで顎関節がずれてきます。

ー顎関節症が与える影響とは?ー

ストレスが原因で起きる顎関節症の場合は社会人の女性に多く、変形性円板障害による関節の雑音に次いで開口障害なども出てきますが、筋肉がつながっている肩凝りや頭痛などの症状も出てきます。他にも神経症状として、手足のしびれや、めまい、耳鳴り、吐き気、不眠症、うつ病などがあり、噛み合わせの悪さから自律神経失調症を引き起こすことがあるので要注意

顎の関節がずれた状態でこすれると異音があるので、自覚症状がある内に治療をすればほとんどの場合治癒しますが、放っておくと関節の炎症が起きたり、口が十分に開かなくなる開口障害や自律神経に影響を与えたり、更に悪化すると精神症状が出てくることになります。

神経症状が出てくる前に、口腔外科でマウスピースなどによる早期治療など、かみ合わせの治療を行うことで顎への負担を軽減することができますが、治らない場合は口腔外科からの紹介と言う形で主に歯科大付属病院を受診しましょう。

ー治療方法とは?診療科は?-

自然治癒する症状は3分の1程度に過ぎません。あごの痛みや開口障害・額雑音症などの症状が出てきた場合は歯科ではなく、顎関節外来がある大学病院や総合病院を探すのが妥当です。MRIによる画像診断が必要になってくるため、歯科のレントゲンでは意味がありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る