過敏性腸症候群の症状とは?検査と治療方法など。

taityouhuryou

過敏性腸症候群(IBS)とは、腸に病変が見つからないにも関わらず、腸の機能的な異常がある場合や、腹部不快感や腹痛、便秘などの自覚症状がある場合で、ストレスだけが原因で身体症状が起きる心身症のようなものです。慢性の機能性疾患であり自覚症状があるものの、それほど日常生活に影響を与えるわけでもありません。20代~40代の場合は社会生活に支障が出てくるため、近年になって病院を受診する人が増えてきました。

スポンサードリンク



ーストレス社会の現代病、過敏性腸症候群ー

最近では、消化器内科を受診する人の半数以上は過敏性腸症候群(IBS)と言われています。検査では特に炎症などの異常は見つからないため、腸に器質的な問題がなく機能的な問題だけということになります。治療の必要はないとはいえ周りの目が気になるものです。女性は便秘になる事が多く、男性は下痢を起こします。

原因としては主に大腸から始まる消化管運動の異常や、消化器の知覚域を把握できなくなる場合があり、限界を超える状態を把握できないと消化管の場合は危険な状態になります。それに対して脳の知覚過敏によって腸が過敏な運動を始めると暴走状態になって限界を大幅に超える危険性も出てきます。

ストレスや不安、緊張、過労などにより、自律神経のバランスが失調すると腸の異常運動を起こします。腸管の機能性疾患として、下痢やおならなどの急性のものは社会的にも危険性が高くなります。学生であればある程度体の自由は効くためトイレに行けば済むことですが、社会人は学生に比べると危険度は増します。

結果的に、この不安や緊張が更なるストレスをもたらして、悪循環となることも考えられます。

ー過敏性腸症候群の主症状ー

主な症状としては、腹部の違和感とともに腹痛を感じると「下痢と便秘が交互に現れる」というものがあり、急な下痢の場合はパニック障害にも似た危険性を含んでいます。トイレが近くにないと安心できないという精神状態に陥ることもあります。

ガスが溜まって腹部膨満感を感じることもあり、不安と意識が腹部のガスに集中すると、意識するほど逆におならが出てしまうというある種の症状ともいえるものがあります。俗におなら恐怖症と言われることもありますが、機能性腹部膨満症ともいわれます。ストレスによる腸の過敏性運動障害としてガスが溜まりやすくなるため、これも悪循環を繰り返すことになります。

ー諸症状の緩和と治療法などー

元々の原因が、喜怒哀楽を言葉に出来ないというアレキシサイミア(失感情傾向)という、感情表現の難しさから代わりに身体症状が出てくる身体表現性障害ということで、心気症ともいえます。そのため、治療としては消化器内科で器質的な異常が見つからなかった場合、対症療法的な薬が処方されますが、それでは根本的な解決になりません。

その次に受ける診療科としては、心療内科や精神科などのストレス外来になります。具体的に何をストレスと感じるのかという自覚を持つことが必要で、ストレスを避けずにストレスの原因となるものをストレスと感じないように考え方を変えることが大切です。ストレスがそのまま身体症状として表れるという自覚があれば、簡単な薬物療法で治すことが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る