子供の子宮頸がんのワクチン定期接種と副作用について

wakutin

日本では約10000人の感染者がいるといわれ、致死率は30%近くになる子宮頸がん。初期症状はほとんどないため、がんが進行した後に不正出血などで気が付くことになると言われています。また予防接種反対派は、予防効果は不明であって副反応のリスクが大きいと言う。感染者の致死率よりも副反応による副作用被害の大きさが目立っている子宮頸がんのワクチン接種とは?

スポンサードリンク



「子宮頸がんの原因となるウィルス(HPV)」

行為により80%の女性が1度は感染していると言われています。ヒトパピローマウィルス(HPV)の感染により子宮頸がん発症のリスクがあるというものですが、30%という致死率の高さは脅威です。ワクチン接種によって子宮頸がんのリスクから身を守れるのか不明であり、厚生労働省によると12歳からのワクチン接種が推奨とされていながら、ワクチンの効果が不明だという問題もあります。

経験がない4歳未満の女児でも死亡例があるため、経験のない小学生の子供のワクチン接種の難しさとその意義や必要性、メーカーによるワクチン接種の有効性や、治験結果の有無も不明だというこのワクチンの行方はどこに?ということでしょうか。

ちなみに厚生労働省では「実際に効果があった例は確認していない」というスポークスマンの発表ですが、効果があったという発表自体が不可能でしょう?「この女性はワクチンを受けていなかったら発病していたはず。」という発表などあり得ないということになります。

ワクチン接種者と非接種者のグループにわけて、それぞれウィルス感染グループとと非感染グループの4グループに分けるという2重盲検法ではないと立証されません。また、発症者グループでの致死率も追跡するほど時間をかけているとは思えません。メーカーも効果があると断定していないだけに、このワクチンの効果はまったく不明ということになります。そのため副反応ともいえず、副作用というべきでしょう。

「ワクチンの定期接種の必要性」

ヒトパピローマウィルス(HPV)の長期間の感染によって引き起こされる子宮頸がんですが、患者の90%はこのウィルスが関わっています。早期発見により治癒すると言われていますが、進行が遅く初期症状もないため、HPV16型、HPV18型に効果のあるワクチン注射により免疫を作って予防することが最高でも50%は有効であるとされています。半年間に3回の接種が必要であり、ウィルスは2種類から選択するということになっています。

この統計結果の方は明らかではありません。怪しさ満載というものです。厚労省が推奨しているものの必要性があるとは断言していないだけにリスクの方が大きいというイメージがあり、それほど必要性も感じません。

ただ、ワクチン接種を受けていない場合は早期発見が必要になってきます。早期発見の困難さによりワクチン接種の方が効果的であり、それが実質的な予防にもつながってくるため、感染症を恐れる女性や娘の感染、発病を心配する母親などはワクチン接種を求める声も一部にあり、廃止してほしいという声も大きくなってきています。

そして実質的な予防にもつながってくるため、感染を恐れる女性たちにとって予防手段はワクチン接種しかないのですが、治療薬開発を行っている製薬会社のワクチン反対運動がワクチン接種を阻止しようとしたり、混沌としている様相を示しています。

「ワクチンの作用と副作用」

効果がはっきりしていないだけに作用のほどは不明です。なので「副作用」と表現しますが、副作用としてアナフィラキシーショック、ギラン・バレー症候群、急性散在性脳髄膜炎、血管の浮腫などがあります。中でも急性散在性脳髄膜炎が表に出てきているので、その副作用のひどさが目に余る状態となって世論に訴えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る