心電図検査の種類と、検査により判明する心疾患の種類

sindenzu

心臓は単体で動く臓器で、心臓自ら電気信号を出して心房と心室の収縮制御を行っています。そのため、心臓周辺と四肢につけた電極の電位差により、心臓のどの部分の動きのリズムが異常なのか検出するものです。簡単に言うと、不整脈と動きの大小を検出するものです。

スポンサードリンク



ー心電図で見つかる疾患ー

不整脈の中でも、定期的に出る不整脈と一時的な発作時に出る不整脈があるため、心筋梗塞などの発作時に出る不整脈は短時間の検査ではわかりません。不整脈は単なる現象に過ぎず、その原因を探すきっかけとなる検査ともいえます。発作的に起きる自覚症状の場合は自己申告しないと気付いてもらえません。

一般的な12肢誘導心電図の場合、四肢と心臓6か所に電極をつけて、左足がプラスの電極で右足をアース代わりにしています。胸の中心辺りから腋にかけてV1~V6の電極を付けて、心臓の輪切り状態の電位が得られるというもの。手足4か所と心臓6か所と、左手ー下肢、右手ー下肢の2か所の電位が加わって12か所の電位を測定することから12肢誘導心電図と言われます。

基本的に2周期分の波長があれば心臓の異常と病名の大半が判明します。

最も大きな波P派は心臓の活性度であり、房室肥大・心房細動(高カリウム血症)、
次いでP-R間隔で房室ブロック、(心室肥大)
QRS間隔:脚ブロック、心室細動(高カリウム血症)
QT間隔:(心筋梗塞、心膜炎、甲状腺機能低下症、くも膜下出血、グレーヴス病、抗不整脈薬使用)
ST部分:(心筋虚血、心筋梗塞、心膜炎、心室肥大、肺塞栓症、過呼吸・低体温症)
T派:(急性心筋梗塞、脳卒中、過呼吸、不安、肺塞栓症)
※電解質異常は高カリウム血症の一部のみ記載。

AEDでは主にST部分のモニタが行われて、カウンターショックが必要かどうか判断します。

ーその他の心電図検査ー

狭心症などの発作時だけ異常な波形が出る場合、運動後の心電図で大半が判明します。その場合は、運動負荷心電図として階段2段分の上り下りをしながら心臓に負担をかけるものや、固定式自転車、ベルトの上を歩くなどの手段もありますが、それでも判明しないことがあります。

そこで、装着型の24~48時間ホルター心電図で記録すれば、検査入院をしなくて済みます。記録された心電図を後に医師が確認するだけです。不整脈のほとんどが判明することになりますが、「やっと狭心症の発作が記録できた」と思えば危険な状態だったという事もあり得るので、検査入院する方がいいのかどうか迷うところです。

どちらにしても一度狭心症の発作が起きたのであれば、そのダメージの大小や頻度によって入院になる可能性があるので、冠動脈の検査と狭心症の治療を兼ねて入院になる可能性大です。

それでも仕事を続けたいという人のために、症状が出た時だけ起動させて記録する30日間タイプもあります。ドライブレコーダーのように発作が起きた時などに患者が起動させると前後の心電図情報を記録するというもの。虚血による症状など致命的ではない症状の場合に、12か月以上にわたる記録と定期的に医師へのデータ転送ができます。

いずれかの検査を行って、ペースメーカーの埋め込みになるか、ICD(埋め込み型除細動器付ペースメーカー)、または心臓移植、ダイレクトリプログラミングなどの再生医療が行われるのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る