内視鏡検査の新しい方法と検査によってわかる病気

ikamera

従来の胃カメラは9mmから10mmの太いものを口から入れて、吐き気とよだれに苦む人が多かったようです。高齢者が餅を飲み込んだ時にどっちつかずになった状態(出ない、飲み込めない)と変わりません。今では鼻から入れるタイプの直径5mmの細いものが使われています。血管用に至っては0.5mmという細さです。

スポンサードリンク



ー最新の消化管内視鏡ー

グラスファイバーによる直視型内視鏡に変わって登場したのが、先端にCCDとライトが付いているもので、呼称は胃カメラからグラスファイバーの内視鏡に変わり、今ではビデオスコープと呼ばれています。水や空気を送り出して粘膜を洗い流すことも可能になり、鉗子やレーザーメスなどが入るスペースを含めても直径5mmという細さです。

上部消化管内視鏡の場合は十二指腸まで届きますが、鼻から入れると鼻血が稀に出るという難点もあります。以前のものと比較すると、舌の付け根に触れないので咽頭反射がなくなって、吐き気もないという快適な内視鏡に変わっています。

鼻から入れる経鼻内視鏡であれば鼻腔や咽頭まで写るので、耳鼻咽喉科でも使われています。咽頭がんが見つかる診療科としては耳鼻咽喉科になります。消化器内部でエコー画像が見えるタイプ(超音波内視鏡)のものまで出てきたため、内視鏡で見れない部分まで把握できるようになっています。

ー内視鏡で見つかる病気ー

「経鼻内視鏡」の場合、副鼻腔炎から咽頭がん、食道がん、胃食道逆流症や、5mm程度の腫瘍まで分かります。胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍まで届きますが、粘膜上に出来たポリープなどを発見すると、その場で切除から止血まで行って、最後に組織の採取をして培養することになります。

ハイビジョン内視鏡では、激しい腹痛の原因になる寄生虫アニキサスを簡単に見つけて、その場で除去することができます。病変部の組織の詳細が判るので、小さい初期がんも見逃すことはありません。

小腸内視鏡検査ではX線撮影を行いながら小腸まで到達させるという方法を取ります。小腸の潰瘍や消化管出血、ポリペクトミー(小腸の腫瘍除去)に使われています。最近では小腸内視鏡に変わってカプセル内視鏡を飲み込む検査が主流になっています。消化管のぜん動で体外に排出されるまで撮影を行って、その画像をリアルタイムに外部に送信します。

ー膵臓まで届く内視鏡検査ー

膵臓や胆道に入るような細い内視鏡も使われています。十二指腸から上に上がる形で胆道がありますが、そこに入って細胞を採取することもできます。胆道の状態や、すい臓の一部まで直接観察できるので胆道閉鎖症やすい臓がんなどの確定診断に有効です。

大腸内視鏡では直腸からS字結腸、小腸の直前まで届きます。これから増加しつつある大腸がんの発見が遅れることは減ってくるかと思います。

消化器官の場合はほとんど開腹の必要がなくなって、手術も簡単なものになっています。大腸がんの検査として直腸診や大腸内視鏡検査は受けたくないものですが、大腸がんが手遅れにならず、ポリープの状態で見つけるためにも必要な検査です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメントは利用できません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る