コンタクトレンズの長期装用による角膜障害に注意!

kotakuto

角膜は5層構造からなる虹彩を覆っている透明な膜で、最も眼の表面近いところから、涙腺だけで保護されている角膜上皮細胞、角膜上皮細胞の基底となるボーマン膜、角膜の95%を占める角膜実質層、角膜構造保持のためのデスメ膜、さらに内側にある一層から成る細胞層が角膜内皮細胞層でハニカム構造をしてポンプの役割をしています。この内皮細胞だけが再生されないため、加齢に伴ってその細胞数が減少していきます。

スポンサードリンク



ー角膜に欠かせない内皮細胞ー

角膜の厚さは中心部で0.5mm、白目に近い外側が0.7mmで、直径が11mm程度です。一般的なコンタクトレンズの直径が14.2mmなので角膜が覆われる形になります。そして角膜にとって致命的な症状がコンタクトレンズの長期装用による酸欠のダメージであり、それによって内皮細胞の数が減少していきます。

内皮細胞が機能しなくなると水分の排出機能が衰えて「水疱性角膜症」を起こし、角膜の浮腫により白く濁ります。そのため、定期的に眼科で内皮細胞の数を計測しておく必要があります。

内皮細胞は細胞分裂が行われず、再生のための治療法もありません。理研の網膜再生医療研究チームでは角膜上皮細胞の再生医療に取り組んでいますが、内皮細胞に関しては全く手つかずの状態です。内皮細胞の減少により、最終的に角膜移植しか道は無くなります。

ー角膜を守る上皮細胞ー

角膜を守っているのが角膜上皮細胞で、その周りがコラーゲンの線維が不規則に並んでいる強膜で、不透明で白い白目の部分で光を通しません。角膜上皮細胞はコラーゲン繊維が規則正しく並んでいるため透明で光を通します。

上皮細胞は異物に敏感で必要以上の痛みを感じるため、それによって結果的に保護されています。コンタクトレンズに異物が入った時の痛みは激痛のためコンタクトレンズを外さない限り痛みは引きません。異物が残っていれば、まぶたと上皮細胞の間に涙液を分泌することで異物を流そうとします。

コンタクトレンズの長時間装用によって酸欠を起こす事が多くなっています。これによる視力障害を起こした患者は国内で数百万人を超えるといわれています。

VDT作業や紫外線、溶接による上皮細胞のダメージも大きく、特に光による刺激が原因の場合は涙が止まらないこともありますが、上皮細胞の回復を待てば数日で治るのが一般的です。上皮細胞の増殖は他の細胞と比較して早く、異物によって傷がついても修復速度は速くなっています。

ー上皮細胞も傷がつくと感染もー

角膜は炎症を起こしにくく、透明度を保つため治癒後の瘢痕を残しにくい構造になっていますが、少しでも傷が出来ると感染を起こしやすくなります。その結果、結膜炎や虹彩炎を起こしますが、この程度であればステロイドや抗菌剤の点眼薬だけで数日で治ります。

滅多に炎症を起こさない角膜でも、コンタクトレンズの内側が感染すると、角膜に直接感染症を起こす場合があります。角膜が白く濁ったり、白目が充血して結膜炎のような症状を起こしたりすることがあります。こうなるとコンタクトレンズを洗っても白濁は治らず、もしかして白内障?と慌てることになりますが、初期の場合はステロイドで意外と簡単に炎症が治り、抗菌剤で充血も取れます。そのまま放置していれば感染症が広がって白濁も悪化する一方で治りにくい状態になります。

ー虹彩と網膜だけで使える補視器ー

東京大学とQDレーザーが2015年に共同開発したもので、メガネに写った映像を網膜に直接レーザー光をあてて描画する方法では虹彩が残っていればハイビジョン並みの画像が得られるというもの。構造の原理としては角膜や水晶体が不要になるフォーカスフリーの補視器になる可能性もあります。2017年末には民生用モデルを発売とのことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る