歯肉炎・歯周病・咬合異常、歯の再生医療の開始

haguki

歯肉炎とは歯周組織の中でも歯肉にプラーク(歯垢)が溜まることで歯茎の内側に炎症を起こしやすくなります。歯周ポケットにプラークが溜まりやすい状態であったり、歯ブラシが届かない部分ができると歯周ポケットの中で口内の常在菌が繁殖して巣窟を作りやすくなります。そして歯肉全体に炎症が及ぶと歯周病(歯槽膿漏)になります。歯の周囲とはいっても、歯周病に歯髄や口内炎などに起きる症状は含まれません。


スポンサードリンク



ー歯肉炎が進行するとー

主に進行度合いによって症状名は変わり、歯肉の炎症だけで済んでいれば歯肉炎で、深部のセメント質や歯根膜にまで影響が及ぶと歯周炎です。歯周ポケットに巣窟を作っている細菌の数は常在菌を含めて300種類以上と言われていますが、原因菌はその内のほんのわずかなものです。

歯周ポケットの深さによって細菌数が増えていき、4ミリを超えると歯周病に罹りやすくなります。高齢者になるほど歯茎が痩せて歯周ポケットが深くなりやすいため、細菌も溜まりやすい状態になります。歯垢は歯ブラシでマメに磨くと取れるものですが、溜まっていくと歯石になり歯科で除去してもらうことになります。

歯垢をそのままにして歯肉炎が進行すると歯根に向けて炎症が広がり、歯の土台になる骨の歯槽骨(しそうこつ)や歯周ポケットと歯の境にある歯根膜が、感染による炎症で破壊されていきます。この辺りから歯茎の腫れや出血があり、歯がぐらつくと神経の痛みが出てきます。痛みとともに歯根が化膿して膿が溜まると歯茎が圧迫されて歯茎の根元が膨らんできます。切開すると膿が出て痛みはなくなりますが、歯のぐらつきは歯茎の炎症が治まるまでしばらく残ります。

歯肉炎がさらに進行して、歯槽骨が歯の半分以下になると歯がぐらつき始めます。炎症が歯の根元に及び、歯槽骨を半分以上失うと痛みはひどくなり、横向けに歯を押すと取れそうなほどぐらついていますが、それよりも痛みの方が酷いので触る事もできません。何らかの対処をしない限り、どこまでも歯肉炎は進行していきます。やがて歯を引っ張ると抜ける状態にまで悪化していきます。

ーインプラントで歯肉炎の悪化を招くー

歯周病は抜歯の原因になるます。また、歯周病が治っていない時にインプラントを埋めるとインプラントがぐらついて歯周組織の破壊が起こりやすくなります。特にインプラントでは歯周病の進行が10倍以上速くなるので、定期的な口腔外科の受診が必要になります。

神経がないので痛みは感じませんが歯肉炎による歯茎の化膿の場合は痛みがあります。インプラントは顎の骨に埋めるため検査と外科的治療が必要になります。三叉神経に触れる可能性もあるので、歯科ではなく口腔外科、または外科の扱いになります。

ー咬合性外傷による痛みー

咬合とは噛み合わせのことですが、歯肉炎がない場合でも噛み合わせの悪い歯が1本あると、その歯だけ上からの圧迫を受けることになります。噛み合わせの悪さにより歯の中心に力がかからず、力のかかり方に偏りが出てきます。そのまま経過すると歯茎で支えられなくなり、特定の歯の歯根がどちらかに動いて神経の痛みが出ます。歯と歯茎の間にある歯根膜が損傷を受けて次第に大きく歯が動くことになります。この場合は痛みが出た時点で処置をしてもらえば元の健康な歯に戻ります。

ー再生医療と人工歯の埋め込みー

現在の歯の再生医療分野では、親知らずの歯髄からiPS肝細胞を使って歯を再生することができます。歯の再生は外部で行うため、再生歯は根を長くしてそのままインプラントとして埋め込みが可能です。現在では臨床段階ですが、歯の神経を除去したところに幹細胞を移植すると神経や象牙質も含めて歯の再生を行うことが可能です。歯茎も同時に再生されるのか不明ですが、そろそろ歯茎あたりから細胞培養を必要としないダイレクト・リプログラミングに期待したいものです。

乳歯と親知らずは捨てずに歯髄細胞バンクを利用すると再生が容易になります。しかし、既に捨ててしまった人は他の人の歯髄でも適合する確率が20%なので、歯髄バンクの普及により自分に合うタイプを購入できるようになります。現在の歯髄バンクの使用料は10年間で30万円と高価なので、他人の歯髄を使用する方が手軽です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る