更年期障害の症状別予防薬・治療薬・サプリメント

kounennkisyougai

更年期とは閉経前後の10年間と長期にわたり諸症状が出てきます。45歳から55歳という年齢はほとんど統一されつつあり、男性の更年期、40歳以降と比べて10年ほど遅く女性としての機能が一つ減ることになります。しかし、その前にできる予防策があります。

スポンサードリンク



ーエストロゲン減少による弊害ー

エストロゲンの血中濃度低下が引き起こす症状なので、「エストロゲン減少症候群」という言葉を使うのが妥当なように思えますが、プロゲステロンも関係してるため妥当ではないかもしれません。どちらでも構わないです。閉経前後の10年間に起きる症状として「更年期障害」が頻繁に使われています。更年期障害は症候群の名称で病名ではありません。特に更年期の病気として治療が行われるものは肉体的・精神的な症状は様々であるため、原因不明のまま対症療法が行われることもあります。

ー更年期障害の診療科は?ー

ホルモンバランスが崩れることによって自律神経や精神に不調をきたします。そのため、診療科として総合的な窓口としての婦人科や更年期外来でエストロゲン濃度の検査により重症度が判明。他に可能性のある疾患をスクリーニングをしながら、対症療法が行える診療科として、心療内科、整形外科、循環器科、脳神経外科、耳鼻科、内分泌内科、内科、などが対象となります。

ー検査と予防法ー

婦人科でエストロゲンとプロゲステロンの補充療法を行い、閉経後にリスクの高くなる子宮頸がん検診・子宮がん検診、血液検査ではエストラジオール検査で更年期が確定的になります。卵胞刺激ホルモンと黄体ホルモンにより、閉経の確認が行われます。他にも骨量検査などが行われて卵胞の委縮状態がわかります。ホルモン補充療法HRTは根本治療に近いものがあり、子宮がんのリスクも半分に抑えられます。HRTまたは穏やかな効き目の漢方薬による治療が行われます。HRTのホルモン充填療法としての治療薬として「ル・エストロジェル」という商品名で2012年5月より手軽な塗り薬が販売されています。

ー治療も含んだ予防策としてー

これらの諸症状に対する対症療法の前に予防できるものとして、エストロゲンの産生に最も効果的なものがローヤルゼリーです。視床下部を活性化してエストロゲンの分泌を促したり、アセチルコリンで副交感神経を刺激する作用があります。エストロゲン産生の活性化に欠かせないアミノ酸やビタミンも欠かせなくなるため、各種アミノ酸、総合ビタミン剤、カルシウム、タンパク質の摂取により予防効果があります。

エストロゲンの産生に必要な(アセチルコリン、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、マンガン)を含んだものがローヤルゼリーなので、他に総合ビタミン剤、マルチミネラルを摂取することでエストロゲンの分泌が増えます。

加齢やエストロゲンの減少により骨密度が下がるため、関節痛対策としてカルシウムとビタミンD、大豆イソフラボンを摂るとともに、糖分とタンパク質の摂取を控えます。肌の新陳代謝を遅らせるとも言われているため、ヒアルロン酸とやコラーゲン・コンドロイチンも必要です。有酸素運動やストレッチを行い、生活習慣の改善も欠かさずに。

★結論として、防止策としてはローヤルゼリーとマルチビタミンでエストロゲン対策になります。閉経の後にローヤルゼリーの摂取により生理が再開したという例もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク







関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

お役に立てたらいいね!

ページ上部へ戻る